HP PrinterがGoogle Homeに対応。音声だけで数独やビンゴカードなどが印刷可能に

AIスピーカーの使われ方が広がっている。今回はGoogle Homeを通じて音声で制御できるようになったHP社のプリンターを紹介する。




HP Printer + Google Cloud Print + Google Home

対象となるHP社製のプリンターは、Google Cloud Print対応のネットワーク接続できるプリンター(HP ePrintなど)。

この対象プリンターとGoogle Homeを組み合わせることで、カレンダー、ゲーム、チェックリストなどが簡単に印刷できるようになる仕組みだ。



設定方法

Photo: HP

Google AssistantのスマホアプリからHPプリンターを接続する。
スマホまたはタブレットでHPプリンターアプリを起動し、Googleアカウントに接続する。
HPのプリンターをGoogle Cloud Printに登録します。



コマンド例

設定が終わればGoogle Homeから音声を通じて印刷を指示することができるようになる。コマンドは以下の通りだ。


Hey Google, ask HP Printer to print a help page.
 ヘルプページを印刷して。

Hey Google, ask HP Printer to print my calendar for this month.
 今月の私のカレンダーを印刷して。

Hey Google, ask HP Printer to print a hard Sudoku.
 難しい数独を印刷して。

Hey Google, ask HP Printer to print two Bingo cards.
 ビンゴカードを2枚印刷して。

Hey Google, ask HP Printer to print a one-column checklist.”
 1列のチェックリストを印刷して。


僕はこう思った:

数独やビンゴカードを印刷できるのは面白い工夫ですね。




ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム