自宅でリハビリ、遠隔での言語訓練にPepperやタブレットを活用!ロボキュア、君津中央病院と共同で臨床試験を開始

介護・医療用アプリの開発・運用を行う株式会社ロボキュアは、国保直営総合病院 君津中央病院と共同で、医療資源が乏しい地域の失語症者を対象に、遠隔による言語訓練の臨床試験を開始した。

ロボキュアは、Pepperやタブレットでの言語訓練を記録したり、訓練内容を変更することもできるパソコン用ツール「リハログ」を提供している。実施した臨床試験において、ITを活用した言語訓練で失語症者の症状が改善することを公表したことは既報のとおり(下記)。

続けて今回の臨床試験では、言語聴覚士がいつでも利用者の訓練内容を見て、改善状況を知ることができる「リハログ」を活用することで、病院と自宅をつなぎ、遠隔での言語訓練の効果を検証する。


臨床試験概要

医療・介護の診療報酬の算定制限などもあり、「生活期」におけるリハビリは今後さらに深刻になるとされている。生活期とは病院で治療などの医療ケアを行った後、退院して生活の場を自宅などに移して生活する期間のこと。厚生労働省・総務省・経済産業省では、この期間のリハビリに対しても、IT技術を活用した介護支援の実現に向けた取り組みを推奨している。

これを受け、同社は、いつまでも安心して自宅でリハビリを継続出来る環境をつくるため、今回の臨床試験を通じて、自宅のみの呼称訓練でも訓練効果が得られるのかを検証しながら、最終的には様々な言語訓練をITにより自動化し、医療保険や介護保険に頼らない自立したリハビリを目指すとしている。

リハビリの流れ

言語聴覚士からのメッセージ(イメージ)



具体的な試験内容

臨床試験では、さまざまな理由により通院回数を減らさざるをえなくなった失語症者を対象に「通院しなくても必要な言語訓練が提供出来るのか」「在宅だけでも十分な訓練量を確保することで改善が見込めるか」の2点を検証する。


臨床試験の詳細

失語症者は、Pepperもしくはタブレットを活用して自宅で自由に呼称訓練を行える。
言語聴覚士は「リハログ」によって病院内で訓練結果(正誤、訓練時間、音声データなど)を確認し、必要に応じてリモートでアドバイスや訓練内容の変更が可能。また、訓練結果の測定として、月1回もしくは、2ヶ月に1回の割合で外来の言語訓練を行う。


使用アプリケーションについて

今回の臨床試験では、千葉大学・黒岩研究室と共同で開発したアプリケーションを使用。

訓練アプリ ・ActVoice for Pepper :Pepper向けの言語訓練アプリ
・ActVoice Smart :タブレット端末向けの言語訓練アプリ (iOS/Android対応)
管理ツール ・リハログ :訓練管理、ログ解析、遠隔コミュニケーション等 (PC向け)
関連サイト
株式会社ロボキュア

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム