ソニーの金色「aibo」オークション終了、価格が4倍の150万円、総額1,000万円を超える

ソニーが出品していたエンタテインメントロボット「aibo」のチャリティ専用モデル11台(シリアルナンバー0000001〜0000011)のオークションの結果をお伝えする。12月5日に開始されたこちらのオークションが12月9日に深夜に終了した。落札額は総額10,944,551円。落札目標額の4,062,960円に対して269%の大幅達成となった。

この落札総額はすべてWWFジャパンへ寄付される。

中でも特に価格が高騰したのは、シリアルNo.1のモデル。最終的な価格は1,501,000円となり、ベーシックプラン、ケアサポートそれぞれ3年分の価格を含んだ出品当時の価格369,360円の4倍以上の金額で落札された計算だ。

チャリティ専用モデルは、頭部のカラーリングが特徴の限定色、Ivory White Gold Quartz Editionが特徴。そしてシリアル番号もNo. 0000001からNo.0000011の11台という特別感があるものだ。専用アプリケーション「My aibo」内のaiboも「チャリティ専用モデル」にカスタマイズされるというこだわりだ。




関連記事
aibo | ロボスタ
関連Facebookコミュニティ
aibo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。