ソニースクエア渋谷プロジェクトに「aibo room」が登場〜aiboに触れて、撮影して、限定グッズも貰える!【2018年1月11日開始】

本日、ソニーがaiboの発売に合わせて来年1月11日より3月中旬まで、ソニースクエア渋谷プロジェクトにてaiboと触れ合える場所「aibo room」をオープンすると発表した。




aibo room@ソニースクエア渋谷プロジェクト







aiboと触れあうことができ、一緒に写真を撮ることもでき、さらにソーシャルでシェアすることで、aibo限定グッズ(2週間毎にかわるステッカー!)がもらえるというもの。

購入した人も、購入を検討している人も、オープンしたらぜひ足を運びたいスポットだ。



aibo roomの開催場所は東京都渋谷区神南1-21-3、渋谷モディ1階。




本日20時から3回目の予約開始!




ソニーの「aibo」3度目の先行予約が12月20日開始、過去2回は即売切れでお伝えしているが、本日「12月20日(水)PM8時00分」に先行予約が再び開始される。

今回も「ご成約上限に達し次第、終了となります」との記載があり、予約数が予定を上回ると予約終了となるので、欲しい方は忘れずに、かつお早めに!



関連記事
aibo | ロボスタ
関連Facebookコミュニティ
aibo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。