サーフィン、釣り、水中探索、ライフセービング等で活躍するインテリジェント水上ロボット(ドローン)「PowerDolphin」を正式発表

フィッシング(釣り)、サーフィンの撮影、ライフセービングなど、水上と水中に向けて様々な用途で利用できるドローンが登場した。
中国の商業用ドローンの開発・販売を手掛けるパワービジョンジャパン(臻廸日本株式会社)の親会社であるパワービジョングループ(所在地:中国北京)は、米国ネバダ州ラスベガスにて現地時間2018年1月9日(火)に開催された「CES 2018」で新製品『Power Dolphin』を発表した。


■ 【動画】Introducing PowerDolphin, an Intelligent Water Drone(英語)





「PowerDolphin」について

インテリジェント水上ロボット「PowerDolphin」は、最大215度まで撮影可能な「ダブルジョイント式可動カメラ」を搭載。水上の視点では、スリル満点のウォータースポーツや、水中では壮大な海底の景色をパノラマで撮影することが可能だ。
水を走行する速度は、秒速約2メートル、約3メートル、約5メートルの3種類が用意されている。

遠隔操作による水上の視点は、スリル満点のウォータースポーツをしているかのような景色を見ることが できる。(※イメージ画像)

釣りなどに役立ちそうな、フィッシュ・ファインディング・システム(魚探知)を搭載、また巻き餌などに利用できるベイトコンテナも装備されている。カメラからの映像を見ながら思った場所に餌を投入することができたり、魚がかかる瞬間を録画するなど、今までにない楽しい釣り体験ができそうだ。

下向きの視点は壮大な海底の景色をパノラマで見ることができ、さらに釣りで魚が餌を食べるエキサイティングな瞬間を見ることもできる。(※イメージ画像)


また、浮き袋(フロート)を曳航することもできるので、ライフセービングにも活用できる。

パワービジョングループ創業者・CEO Wally Zheng氏

PowerDolphinはパワービジョン社の新しいライフスタイルロボットで、撮影や釣り、ウォータースポーツなどの愛好家だけでなく、水難救助や研究にも斬新な視点を提供できます。



特徴

・ 4k HDカメラ
・ 距離1000mのリモートコントロール範囲
・ 1080P高解像度リアルタイムビデオを送信可能
・ バッテリ持続時間2時間
・ スピードモードは2.00~5.00m/sまでの3段階

※仕様・価格の詳細は後日告知予定

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム