【驚愕】TOEIC 900点レベルのAI英語翻訳!1万語が2分以内!NTTコムの最新のビジネス向け翻訳サービスは書式もそのままで自動翻訳

自動の英語翻訳が更なる実用域に達してきた!
PowerPointやWordファイルそのままでも翻訳できる。

近年、ビジネスにおいて外国語によるコミュニケーションやドキュメント作成の必要性はますます高まっている。とはいえ翻訳作業の委託では費用と時間が大幅にかかり、インターネットの無料翻訳サービスでは利便性や専門用語の翻訳能力の点で不足するなど、企業における翻訳ニーズを満たすことはまだまだ難しい状況にある。

NTTコミュニケーションズ株式会社は、このような状況を解決するため、企業向けにAI(人工知能)が膨大な対訳データを機械学習することで、超高精度の自動翻訳(TOEIC 900点相当)を行う「AI翻訳プラットフォームソリューション」(AI翻訳PF)の提供を、2018年3月1日より開始することを発表した。
Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint)やPDF形式のドキュメントファイルを、そのままのレイアウトで瞬時に翻訳し、同じファイル形式で出力することが可能、人間が平均7時間を要した一方、同エンジンは約2分以内で訳出できると言う。

提供価格は、1つのIDあたり月額8,000円、最低10 ID(合計80,000円)からの契約が必要とのこと。



「AI翻訳プラットフォームソリューション」(AI翻訳PF)とは

「AI翻訳PF」は、脳の神経回路を模したニューラルネットワークを用いた機械翻訳(NMT)技術と、NTTグループの強みである日本語解析技術を投入した翻訳エンジンを利用することで、簡単な操作で、ビジネス文書などを超高精度で翻訳することを可能にした。

また、Microsoft Office形式のファイルをそのまま翻訳して他言語に変換できる機能を実装。他にも、インターネットの無料翻訳サービスなどでは正しく訳せない社内用語や専門用語についても辞書登録やチューニングによって対応でき、ビジネスにおける高い実用性を有している。

AI翻訳プラットフォームソリューションのイメージ(※クリックで拡大)

▼「AI翻訳プラットフォームソリューション」

提供開始日 2018年3月1日
特長 NMT技術による人間を超える翻訳パフォーマンス
ビジネス文書をそのまま翻訳し、劇的な省力化が可能
辞書機能やチューニングによって社内用語や専門用語にも対応
翻訳エンジン COTOHA Translator
対応言語 日本語から英語、および英語から日本語への翻訳
提供価格 月額8,000円/1IDから(最低ID数は10)
・100ID以上での利用については、別途見積り
・チューニングは別途料金が発生する




「AI翻訳」PFの特長



NMT技術による人間を超える翻訳パフォーマンス

「AI翻訳PF」に採用されている「COTOHA Translator(TM)」は、NTTグループ企業である株式会社みらい翻訳が国立研究開発法人情報通信研究機構と共同開発した翻訳エンジン。

2017年に発表した「業界特化型AI翻訳プラットフォームサービス」で使用された「統計翻訳技術」よりも精度の高いNMT技術を採用しており、最新のNMT技術と、膨大な文例の学習によって、超高精度の翻訳が可能だ。

【 TOEIC900点相当/事前に実地した精度評価実験 】
日本語と英語のサンプル文章を400字詰め原稿用紙約25枚分用意し、日本語から英語、および英語から日本語の翻訳を実施。「COTOHA Translator」、統計翻訳技術エンジン、無料インターネット翻訳サービス、人力翻訳(TOEIC900点程度のビジネスマン数人、辞書使用可)の4種類で訳出した結果を、翻訳の専門家が「情報伝達力」と「流暢さ」の2つの観点で5段階評価した。

結果、5段階評価で平均4.0を達成。汎用的なインターネット翻訳(平均3.7)を約14%上回る結果となり、人間による翻訳との比較でも、TOEIC900点レベルの被験者と同等の平均点に達した。
精度だけでなく、スピードに関しても、人間が平均7時間を要した一方、同エンジンは約2分以内で訳出しており、精度とスピードを両立した圧倒的パフォーマンスを実現。

なお、この実験は特別な学習やチューニングを施していない状態で行ったものであり、個別学習や辞書登録を行った場合は更なる精度の向上が見込まれる。

文章の翻訳例/「COTOHA Translator™」がNTTCom公式Webサイト内の文章を訳したもの(※クリックで拡大)



ビジネス文書をそのまま翻訳し、劇的な省力化が可能

Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint)やPDF形式のドキュメントファイルを、そのままのレイアウトで瞬時に翻訳し、同じファイル形式で出力することが可能。PDF形式の原文を読み込んだ場合は、訳文はWord形式で出力。原文の画像やレイアウトは保持されるため、そのままPDF化することで訳文のPDF化もできる。

また、ブラウザ上にドラッグ&ドロップするだけで翻訳が可能なため、インターネットの無料翻訳サービスを利用する場合に行っている、複数回にわたる手動でのコピー&ペーストなど、書類作成の作業効率化が図れる。

ビジネス文書の翻訳例/PowerPoint中に表が入っている場合でも、そのまま翻訳することが可能(※クリックで拡大)



辞書機能やチューニングによって社内用語や専門用語にも対応

「AI翻訳PF」は、簡単な操作で辞書登録ができるインターフェースを備えているため、社内用語や専門用語についても登録を行うことで正確な翻訳を可能にするカスタマイズができる。

更に、辞書登録以外にも、顧客から学習用データとなる文例を預かり、同社が蓄積したノウハウや同グループのAI関連技術「corevo」を活用しながら、エンジンに対し特有の用語や言い回しを事前に学習させることで、個々に合わせたチューニングによる精度向上が行える。



今後の予定

現時点では、日本語から英語、および英語から日本語への翻訳への対応となっているが、今後は中国語など他言語への対応を予定している。

また、よりセキュアな環境で利用できるよう、同グループのセキュリティ技術やソリューションを組み合わせたメニューの追加を検討していくとのことだ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム