IoT野球ボールってなに? 投球データが簡単に解析できる9軸センサー搭載の「i・Ball Technical Pitch」が好評により完売!

株式会社アクロディアが昨年12月20日よりAmazonで販売していたIoT野球ボール「i・Ball Technical Pitch」が、好評のため完売したことを発表、再販開始の予定は2月中旬を予定していることを発表した。
ん? IoT野球ボールってなに?

IoT野球ボールは硬式野球ボールの中心部に9軸センサー(加速度・地磁気・角速度、各3軸のセンサー)を内蔵したIoT製品だ。国内唯一の特許を取得済みと言う。
プロ野球の2017年秋季キャンプでは、複数の球団に「Technical Pitch」が試験的に採用された。更に、製品認知度向上と販売促進を進めた結果、投手育成や練習などの場面で多くのユーザーから好評を博したと言う。
なるほど、いろいろなデータが取得できるハイテクな野球のボールというわけだ。

一般販売の概要
・販売開始日:2017年12月20日(水)
・価格:21,060円(税込)
販売サイト:AmazonTechnical Pitch特設サイト ※在庫切れのため、現在購入不可




「i・Ball Technical Pitch」の特徴

では、どんなデータをどうやって収集できるのだろうか。
ボール本体は、硬式野球ボールと同じ重量、同じ固さ、同じ素材で作られている。ボールを投げると、投球データがスマートフォンに転送され、「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」の投球データが専用サーバーで解析できる。




公式ボールと同じ

公認野球規則に準じた大きさ・重量で作られている。


手軽に分析

ボールとスマホさえあれば、どこでも投球の分析・確認をすることができ、場所を選ばない。


データの一元管理

1つのアカウントで複数の投手が登録でき、登録した投手全ての投球データを一元管理することが可能。また、データの同期をとることで、同じアカウントで使用している全ての端末で同じデータを共有することができる。

▼取得データ

回転数 投球期間のボールの回転数を計測
回転軸 (Tilt:傾き)ボールが水平面に対し、どの角度で回転しているかを計測
球速 投球期間の球速を計測
球種 ストレート、変化球などの球種を判別
変化量 ボールの上下左右(独自の値)の変化量を計測
腕の振りの強さ、時間 ボールをリリースする際の「強さ」と「構えてからリリースするまでの時間」を測定
Technical Pitch特設サイト
https://technicalpitch.net/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ カメラ部

PR

連載・コラム