HONDAのロボット芝刈り機「Miimo」、サッカーの芝生整備に採用

Hondaは、Jリーグに加盟しているガイナーレ鳥取を運営する、株式会社SC鳥取が推進する芝生生産事業「Shibafull(しばふる)」プロジェクトのプロジェクトパートナーとして、Hondaのロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)HRM520」を活用し、より良い芝生環境の整備・拡大に向けた協力を行うことを発表した。

鳥取県は、その土壌や地形の性質が芝生の栽培に適していることから、芝生の生産が盛んであり、日本全国第2位の作付面積、出荷数量を誇るという。ガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取は、サッカースタジアムにおける芝生の生産、管理を通じて得た経験を活かし、Shibafullプロジェクトを立ち上げ、人口減少や高齢化で拡大する耕作放棄地を芝生の生産に再利用。芝生普及への取り組みを積極的に進めていく。

Hondaは1960年代より歩行用芝刈機の販売を開始。昨年6月には、Hondaとして国内初となるロボット芝刈機Miimoの販売を開始するなど、国内の家庭用・業務用芝刈機事業に長年携わってきた。

今回、プロジェクトが提唱する「芝生環境の整備・拡大」という目的が、Honda製品の新たな活用機会の創出にもつながることから協力を決定したのだという。良質な芝生と芝生環境が拡大した際に、芝生の維持やメンテナンスに費やす人手やコスト負担を解消する手段として、自動化と24時間稼働可能なロボット芝刈機Miimoの可能性を検証する実証実験が行われる。

具体的には、ガイナーレ鳥取が使用するチュウブYAJINスタジアムや、地方自治体の公共施設における芝生の維持・管理にMiimoを活用し、省人化・低コスト化の検証を実施。Hondaからは、パワープロダクツ販売会社である株式会社ホンダパワープロダクツジャパンが主体となり、2018年1月よりMiimoの貸与、ならびにMiimoの稼働範囲の設定に必要となるエリアワイヤーの芝生利用地への設置、メンテナンスなどを担当する。

株式会社SC鳥取 代表取締役ゼネラルマネージャー 岡野 雅行氏は「SC鳥取のShibafullプロジェクトにHondaがプロジェクトパートナーとして参加いただき本当に感謝しています。Miimoは、これまで手間がかかっていた日本の芝生管理の在り方を大きく変える画期的な商品だと思います。鳥取県米子市にあるガイナーレ鳥取のチュウブYAJINスタジアムでも、きっと大いに活躍してくれると考えています。Shibafullプロジェクトは、“芝生で街を、人を笑顔で満たしたい”という思いで始めた事業です。日本中に芝生文化を広め、笑顔あふれる未来を目指してともに手を取り合って進んでいきたいと思います!」とコメントを残している。

Hondaのロボット芝刈り機「Miimo」

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム