【英語圏】Google Homeを使ってアンビエントサウンドでリラックス

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアのGoogle Homeはユーザーをリラックスさせるための様々なアンビエントサウンドが用意されている。



使い方は簡単。


Hey Google, Help me relax
Hey Google, Play ambient noise

 アンビエントサウンドをかけて

Hey Google, Play forest sounds
 森の音をかけて

Hey Google, What other ambient sounds do you know?
 他にどんなアンビエントサウンドがあるの?

ヘルプページでは以下のサウンドが用意されている。


リラックスサウンド、自然の音、水の音、滝の音、屋外の音、せせらぎの音、振動するファンの音、暖炉の音、森の音、カントリーサウンド、波の音、雨音、川の音、雷の音、ホワイトノイズ

なおアンビエントサウンドをかけると、オフにしなければ12時間再生を続ける仕様になっている。


この機能を紹介した動画も公開されている。


僕はこう思った:

これは言語関係ないコンテンツだと思うので英語圏以外でも使えるようにしてほしいものです。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Google Assistant

ロボスタ / Google Home

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム