ロンブー淳が手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」で驚きの最先端医療技術をシミュレーション体験!MBSテレビ「ロンブー淳の居座り。」

ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏が手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」でシミュレーション手術に挑戦する!

「関西のとある場所」にアジトを作り、LINEで集まって来る周辺の人や物などさまざまな情報を収集、興味を持った情報提供者たちと実際に会い、その場所のリアルな実態を掘り下げ、またある時は体験しつつ、アジトに居座り続けるのがMBSテレビの深夜番組「ロンブー淳の居座り。」だ。

4月13日(深夜0:35~1:35 関西ローカル)に放送される第7弾は、大阪府枚方市にある関西医科大学に居座り、学生たちから学校生活や部活の話、先生から最新医療の情報などを聞き、大学病院の実際に迫っていく内容になる。

同大学は、5年前に移転したばかり。附属病院と渡り廊下でつながったまだ新しい学舎で居座りを行う。


これからの手術はロボットの時代。「ダ・ヴィンチ」を触ってみませんか?

LINEでさまざまなリアル医大生情報が寄せられる中、「リアルなドクターの話、教えましょうか?」と、自らLINEしてやって来た名物先生が。あの人気医療ドラマにダメ出しを連発したり、手術中のドクターのリアルな姿を暴露する様子も見ものだ。

他にも、「ネッタイシマカの脅威が日本に迫ってます」というLINEで、スタッフを引き連れてやって来た西山利正教授は、そのオーラに食堂の学生も集まって来るほど。専門は公衆衛生学の西山教授が力説する、温暖化による感染症の脅威は、必見とのこと。

公衆衛生学の西山教授が力説する、温暖化による感染症の脅威に耳を傾ける。

さらに、「これからの手術はロボットの時代。「ダ・ヴィンチ」を触ってみませんか?」というLINEが。

同大学病院では、「ダ・ビンチ Si」を用いたロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術を年間100例以上実施している。また、腎癌に対する腹腔鏡またはロボット支援腎部分切除術の経験も豊富だ。

手術操作のシミュレーションが体験できるという話に、淳の興味はMAXに!
完全な手術衣に着替え、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」でシミュレーション手術に挑戦!
その結果は?
 

ダ・ビンチ

6時間近くの居座りを終えた淳は「ニュースでしか見てない新しい医療に対するイメージが、体感すると全然違う。先生を通じた信頼感もあるし。もっと居座りたかった」。とコメントしている。

なお、「ダ・ビンチ(da Vincii)」に関する詳細は「日本ロボット外科学会」公式サイト内「da Vinciiの紹介」ページや正規代理店であるインテュイティブサージカル合同会社の公式サイトにて確認できる。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム