ソニー、aiboの「オフィシャルライセンスプログラム」を開始 サードパーティが商品やサービス開発可能に

ソニー株式会社は、エンタテインメントロボットaiboの楽しさを拡げるライフスタイル商品の拡充に向けて、「aiboオフィシャルライセンスプログラム」を開始したことを発表した。

今後本プログラムにもとづき契約を締結した企業は、ソニーから提供するaiboの本体や周辺機器に関するスタイルガイドをもとに、様々な商品やサービスを開発・製造・販売することが可能となるという。

また、商品やパッケージ・販促ツール等に、ソニーの定める基準を満たす正式なライセンス商品であることを示す「オフィシャルライセンスプロダクト ロゴ」を使用できるようになる。


オフィシャルライセンスプロダクト ロゴ

今回、ライセンスビジネス(商品化/広告使用等)を推進する株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツがプログラムのパートナーとして、各種サブライセンスを展開していくという。

本プログラムに関する詳細、お問い合わせ先は専用サイトにて案内されている。ソニーは、今後広範なビジネスパートナーと共に、aiboならではのエンタテインメントの世界を拡げていきますと抱負を述べている。

関連サイト
http://aibo.com/olp

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム