DeNAのAI活用タクシー配車アプリ「タクベル」、正式サービス開始 まずは横浜・川崎、配車回数国内トップ目指す

株式会社ディー・エヌ・エーは、AIを活用する次世代タクシー配車アプリ「タクベル」を一般社団法人神奈川県タクシー協会と共同で、神奈川県横浜・川崎エリアにおいて2018年4月19日(木)より正式にサービスを開始したことを発表した。

対象エリアは横浜市・川崎市を皮切りに順次拡大予定で、今夏に神奈川県全域でのサービスを展開します。「タクベル」は神奈川県タクシー協会の推奨アプリに採択されており、神奈川県内182事業者のうち82事業者が導入を行う。

次世代タクシー配車アプリ「タクベル」は、対応する乗務員専用端末とセットで、タクシーの配車をスムーズに行えるサービス。乗客は、アプリで予想到着時間を事前に確認した上で指定の場所へタクシーの配車依頼を行うことができる。周辺を走行中のタクシーがリアルタイムに可視化されて表示されるため、空車走行中のタクシーを簡単に確認することも可能だ。

その上、迎車地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、お互いの現在地を確認できる機能や定型メッセージを送り合える機能を実装している。車内決済のほか、全車両でネット決済に対応し、事前のクレジットカード登録で降車時の煩わしい支払い・領収書受け取り等の手続きが不要。目的地に到着と同時にスムーズな降車が可能となる。

特徴的な機能

・周辺を走行中の空車車両をリアルタイムに確認可能
・迎車の目安時間が表示され、迎車中もリアルタイムに位置が確認できる
・全事業者を横断した配車ができるため、より乗車地に近い車両に対する配車依頼が可能
(特定のタクシー会社指定も可能)
・全車両でネット決済に対応し、降車時の煩わしい支払い/領収書受け取り等の手続きが不要


AIを活用する「需要予測システム」について

「タクベル」はAIを活用する「需要予測システム」を導入予定。既に、2017年9月から10月まで横浜市の一部地域にてI・TOP横浜の取組みを活用した実証実験を実施しており、その結果を踏まえた機能改善を行うとしている。

この需要予測システムは、運行中のタクシー車両から収集するプローブデータ(自動車が走行した位置や車速などの情報を用いて生成された道路交通情報)とタクシー需要に関連する各種データ(気象、公共交通機関の運行状況、イベント、商業施設などのPOI情報、道路ネットワーク構造など)を解析し、乗務員へリアルタイムかつ個別に走行ルートを推薦するもの。

実証実験を行い改善を予定している機能は、予測粒度を500mメッシュから、道路単位へと詳細化すること、そして需要の予測だけではなく周囲の空車車両の供給状況を加味し「流し営業での走行ルート」をリアルタイムかつ個別に推薦する機能だという。

今後、「流し走行ルートの車両個別推薦」の実用実験を2018年に行い、新人乗務員でもすぐに平均以上の収益があげられる状況を2019年に実現するよう努め、人手不足に見舞われているタクシー業界への貢献を目指すという。また、流し営業中心のエリアだけでなく、駅からの乗車が中心となるエリアへの需要予測システムおよび供給最適化機能の追加を予定している。

「タクベル」は、2018年秋以降の全国展開を目指し、2020年には配車回数国内ナンバーワンを目指す。

関連サイト
タクベル | DeNA

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム