「Amazon Echo Dot」がパワーアップ! モバイルに、かつスピーカーを拡張するアイテムたち

2018年6月21日までAmazon Echo Dotが46%オフの3,240円で販売されていたので買った人も多かったのではないだろうか。今回はそんなEcho Dotをパワーアップするアクセサリーを紹介したい。

様々あるアクセサリーの中から今回紹介するのはモバイルバッテリー搭載でEcho Dotを部屋の中で移動できるようにし、かつ、拡張スピーカーを内蔵した2製品だ。



サンワダイレクト / Echo Dotスピーカードック


Echo Dotを使っている人で、「もっと良い音で聴きたい」という人にとってはうってつけ。スピーカーユニットは360度をきちんとカバーし、低音域を増幅・補強するパッシブラジエーターを搭載している。簡単に接続ができ、Echo Dot専用設計のため、もちろんマイクとライトリングはそのまま使うことができる。内蔵バッテリーの容量は4400mAh。充電時間は5時間、動作時間は6時間。車の中での使用など、持ち歩いて使用することができる。

装着方法は以下の通り。


価格は4,980円で、以下のリンクより購入可能だ。


Smatree / Echo Dot用スピーカーバッテリーベース


一方、Smatreeのバッテリーベースは、動作時間の長さに特長がある。内蔵バッテリーの容量は10,200mAh。充電6時間に対して動作時間は14-16時間。iPhoneなどから有線で接続し音楽再生も可能で、拡張スピーカーはデュアル8Wラウドスピーカーだ。

装着方法は以下の通り。


価格は5,280円で、以下のリンクから購入できる。


僕はこう思った:

どちらもコンセプトは同じですが、価格、バッテリー持続時間、スピーカー出力に違いがあります。なるべく長時間モバイル利用したいのであればSmatree。音質にこだわるならサンワダイレクトでしょうか。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム