【aiboと散歩vol.3】子供にペットにするなら「犬かロボット」どちらがいいか聞いてみた!

どうも、小学18年生の、里見です。

最近思い出した事実があります。「そういえば、子供の時って犬が怖かったなぁ」ということです。

童心を忘れて恐怖心も消えてなくなったみたいですが、もしあの時の私に、「ペット飼いたいんだけど、犬かロボットどっちがいい?」って聞かれていたら真っ先に「ロボット!」と答えていた子供だったと思います。

そこで、現代の子供たちに「ペットにするなら、犬かロボットどっちがいいか」という答えを知りたいと考え、新宿区の公園にやってきました〜!!!



小学校3年生の女の子2人

ブルーのワンピースのAちゃんと、写真が嫌いなため写りたくないBちゃん

Aちゃん「あ! テレビで見たやつだ!」
里見「そうだよ〜。aiboって言います」
Bちゃん「うわ〜。なにこれ! カメラ? すごく怖い。やだっ」
Aちゃん「たしかに。なんか変なの。背中に丸い跡がある〜。」
里見「これはセンサーだよ。カメラは鼻と尻尾にある。私たちの顔を認識するために必要なんだ〜」
里見「ねぇねぇ、ペットにするなら本物の犬とロボットの犬、どっちがいい?」
Bちゃん「私絶対、本物の犬! 毛むくじゃらで、こ〜んなに大きいんだよ!(両手いっぱいに広げながら)」
Aちゃん「私はどっちもありかなぁ。たぶんロボットの犬も飼い始めたら、センサーとか慣れると思うんだ」
里見「2人ともありがとう! もしロボットの犬飼い始めたら何したいって、ある?」
Aちゃん「一緒にご飯食べる! おいしいもの食べると幸せだから」


小さい頃から犬を飼っていると、aiboには違和感があるみたいですね。逆に特にペットを飼っていない場合は、結構柔軟に考えてくれるところが、子供らしくて素敵だと思いました。



幼稚園生とお母さん

Cちゃん(白いTシャツ)、Dさん(写真右の女性)

Dさん「この子にも触らしてあげてもいいですか?」
里見「もちろんですよ」
Cちゃん「(そ〜っと触れる)……ふふ、かわいい」
Dさん「わっ! この子怖がりで、本物の犬には触れないんですよ」
里見「そうなんですね。Cちゃん、ペットにするなら、犬とロボットどっちがいい?」
Cちゃん「……この子」

本物の犬が怖いけど、aiboは全く問題ないみたいですね。子供が喜んでaiboに触っている姿を見て、お母さんが嬉しそうなのが印象的でした!



2歳から6歳の4人組

Eちゃん(写真左)、Fちゃん(写真真ん中左)、Gくん(写真真ん中右)、Hちゃん(写真右)

Fちゃん「わーっ! みてみて! ロボットがいるよ!!!」
里見「(ほ〜。犬じゃなくて、ロボットって認識なんだ!) この子、aiboって言うんだよ」
Eちゃん「お手するかな?」
Hちゃん「ねぇ、Gくんはね。ほんとはね。前に犬に噛まれてから、犬が怖いんだよ」
Gくん「だっていきなりだったんだもん。痛かったし……犬は噛むから嫌い」
里見「aiboはどう?」
Gくん「怖くない! こいつ噛まないし、おとなしい」
里見「よかった〜。このなかでaiboを飼ってもいい人〜?」
Gくん、Hちゃん「は〜い」
Fちゃん「え〜! 絶対、ふつーのワンちゃんのほうがいいよ。 おじさんの犬はフワフワしててあったかいの!」

aiboにも毛がほしいという意見が多数寄せられました。「犬じゃないとやだ!」という子には、毛の存在が深く関わっていそう。



幼稚園生

Iちゃん(写真真ん中、白のワンピース)

Iちゃん「あのね、この子テレビで見たから知ってるよ」
里見「ありがとう。触ってあげてね」
Iちゃん「前からこの子と一緒に遊んで、お風呂はいって、寝たかったの」
里見「そうなんだ。飼ってもいいなって思う?」
Iちゃん「うーん、でも本物のワンちゃんのほうが可愛い。この子も可愛いけど、線(つなぎ目)が嫌だなぁ」

キュートさを追求した見た目とはいえ、まだまだメカの要素を残しているaibo。そこに違和感を感じてしまう子供も多いことがわかりました。



今回話してもらった10人の意見をまとめてみた



統計結果

・本物の犬じゃないと飼いたくない→5人
・aiboも飼っていいよ→3人
・aiboじゃないと飼いたくない→2人


aiboと一緒に暮らしたら何をしたい?

・ご飯を食べる
・散歩する
・一緒に遊んで、お風呂はいって、寝る
・おいかけっこ
・お手を覚えさせる
・宇宙に行く


aiboの見た目に対するダメ出し

・カメラがないほうがいい
・線が見えていないほうがいい
・毛が生えててほしい


結果、全体的に犬嫌いの子供には、プラスイメージをもってもらえる感じでした。子供ならではの鋭い感性で違和感を指摘してもらえるのも、大変興味深かったです。

子供なので、犬のお世話を本気でしたことがないからこそ、見た目にこだわって話ているのかなぁという印象でした。将来、ロボットを飼う子供たちが増えて、「ロボットの世代」が到来する未来を待ち望んでいます〜。



おまけ



公園でaiboと遊んでいると、あれよあれよという間に沢山の人が集まってきて、人気者の気分を味わえました。途中から色々な質問が飛び交い、しっちゃかめっちゃかでしたが(笑)

では、またです!

ABOUT THE AUTHOR / 

里見優衣
里見優衣

(自称)ロボット女子。趣味は読書と旅。ワクワクし続けたい!ただそれだけの人。

PR

連載・コラム