マイクロソフト・ホロレンズを使って複合現実空間で作業できるMRソリューションのムービーを公開 ネクストスケープとNTTコミュニケーションズ

マイクロソフトのヘッドマウント型MRデバイス「Microsoft HoloLens」を使い、現実の空間の中にコンピュータの情報を重ねて表示するソリューションを活用し、社内のトラブルを解決するデモムービーが公開されている。公開しているのは、株式会社ネクストスケープとNTTコミュニケーションズ株式会社だ。AIに指示・対話しながら複合現実空間で作業を行うMRソリューションの様子が見られる。

これは「テキスト解析」「対話」「音声認識サポート」に活用できる対話型自然言語解析AIエンジン「Communication Engine“COTOHA Virtual Assistant”」(COTOHA VA)を連携することで実現している。

2018年10月4日、5日にザ・プリンス パークタワー東京で開催の「NTT Communications Forum 2018」にて、ソリューションのデモも出展した。







このソリューションでは作業に必要な情報をAIから聞き出すことができ、AIの発話内容や補足情報をディスプレイに表示することが可能だ。さらに、様々な業務システムとの接続が可能なため、メールやスケジュールの情報を参照することもできる。これにより、作業者はハンズフリーで業務に集中することができ、作業効率の大幅な改善や、キーボードが使えない環境でのICTリソースの活用が可能になるという。


NTT Communications Forum 2018の出展情報
開催テーマ Transform. Transcend.
日程 (本日まで) イベント日程 2018年10月4日(木)~5日(金)
時間 9:30~18:00(9:00から受け付け開始)
場所 ザ・プリンス パークタワー東京(東京都港区芝公園4-8-1)
参加費 無料
事前登録 必要
サイト https://www.ntt.com/business/go-event

ABOUT THE AUTHOR / 

吉川 実里
吉川 実里

HAL東京でロボット勉強中の20歳・神奈川県民。ロボスタでインターンシップ中。なりたいロボットはダンボーで、手芸と読書と欅坂46が好き。精一杯頑張ります!

PR

連載・コラム