「うまれて!ウーモ ベイビー」タカラトミーが世界同日発売!累計55万体出荷のシリーズ最新版、3つの新ポイント

タカラトミーの「うまれて!ウーモ」シリーズといえば、自分の手でタマゴから孵化させて、お世話が楽しめる新感覚ペット玩具だ。これまで大ヒットを記録していて、国内ではシリーズ累計55万体が出荷されている。今年で発売3年目となるにも関わらず、「おもちゃ屋が選んだクリスマスのおもちゃ2018」のバラエティ部門で3年連続となる第1位を獲得した。


タマゴから孵化するワクワクとドキドキ感や何が出るかわからないことで「サプライズトイ」とも呼ばれるが、今回、第8弾(!)として発売された新商品では、タマゴの中に更なるサプライズがあって、なんとグッズでお世話ができるという。もう「何を言っているのかさっぱりわかんない」という読者に、もう少し詳しく説明したい。

新商品の2種は「うまれて!ウーモ ベイビー チートゥリー」と「うまれて!ウーモ ベイビー ポネット」で、希望小売価格は各8,800円(税抜)だ。10月5日から全国の玩具専門店等で世界同日発売となった。


新しいウーモのポイント

新商品のポイントはまず、「タマゴが揺れる!」。孵化する前のタマゴが左右にゆらゆらと動き、「もうすぐ生まれるかも」感が高まった。これはシリーズ初と言う。
次のポイントは「タマゴの中にサプライズ」、そして「充実のお世話グッズでウーモと遊べる」の3点となっている。つまり、タマゴの中にウーモのための「ブラシ」や「抱き人形」などの5つのお世話グッズが隠されていうのだ。しかも、5つのお世話グッズの中には、ウーモが特別な反応を返してくれるものもあるんだとか。「お世話遊びの充実」がはかられている。


どうかな?
まだわからない、という人は次の動画を見ると丸わかりだ!(たぶん)

また、ウーモの世界観を楽しめる、3cmの手のひらサイズのコレクタブル・ミニフィギュア「うまれて!ウーモ ミニ シーズン4」(各500円(税抜)も同時発売される。

詳細は公式ホームページを確認しよう。

うまれて!ウーモ ベイビー

うまれて!ウーモ ベイビーの特徴。

タマゴが揺れる

孵る前から目の光や鳴き声で感情を伝えるウーモが、タマゴの段階から動くようになり、よりウーモ誕生への期待が高まった。

タマゴの中からサプライズ

ウーモには性別があり、どちらが生まれてくるのかは孵化するまで分からない。さらに、中には5つのお世話グッズが隠れている。ウーモの誕生日や名前を書けるバースデーカードもついていて、親のような気持ちでウーモをかわいがることができる。

充実のお世話グッズ

殻の中に隠された、5つのお世話グッズの中には、ウーモが特別な反応を返してくれるものもあるらしい。 要望の多かった「お世話遊びを充実させてほしい」という声に応えたとのこと。

以下が「うまれて!ウーモ ベイビー」5つのお世話グッズだ。

  • 哺乳瓶
  • 抱き人形
  • ガラガラ
  • ブラシ
  • ハイチェアー


さらに手のひらサイズえ楽しめる「うまれて! ウーモ ミニ」シリーズのシーズン4が登場。
「うまれて! ウーモ ミニ」はクリアボディになっており、下からの光を透過する。


価格等

「うまれて!ウーモ ベイビー」(ポネット)(チートゥリー)

値段 8,800円(税抜き)
対象年齢 6才以上

「うまれて!ウーモ ミニ シーズン4」

値段 500円(税抜き)
対象年齢 6才

10月5日(金)より発売

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム