クリスマスに欲しいロボット・トイ10選! Xmasプレゼントや自分買いに

いよいよ今週末はクリスマス。街のイルミネーションも輝きを増していますね。

今回は【クリスマス企画】としまして、クリスマスにプレゼントしたり、自分に買ってあげたいロボット・トイを、編集部で勝手に選んで紹介します(参考価格はAmazonやヨドバシカメラなどの実売価格をもとにしています)。


COZMO


まずは編集部で一番のオススメのロボット・トイと言えばタカラトミーから販売中の「COZMO」(コズモ)。一緒にゲームをして遊んでくれるし、ほっといても一人遊びしていてまさに「相棒」。ブログラミングも可能なので、子供と一緒に学習するのもOK。

ロボスタの記事はこちら
COZMO

参考価格は28,000円前後です。(Amazon のリンク)




BB-8 Sphero


新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でも大活躍のドロイド「BB-8」の動きを再現した秀逸なコネクテッド・トイ。主な遊び方はスマートフォンでの操縦(ラジコン)。リスト型のフォースバンド(別売)でも操作ができます(上の写真は「フォースバンド」で操作しているイメージ)。「スター・ウォーズ」シリーズを一緒に観るとリアクションする機能もあります。

参考価格は15,000円前後です。(Amazon のリンク)




R2-D2 Sphero


ドロイドの代表と言えば「R2-D2」。BB-8と同様にスマートフォンでの操縦が主な遊び方。直立の2脚から走行時の3脚への移行もリアル。

参考価格18,000円前後。(Amazon のリンク)




R2-D2「DROID INVENTOR KIT」littleBits


自分で組み立てたR2-D2を操縦できるだけでなく、拡張性もあって楽しい。アプリを使えば、R2-D2に新たなスキルを覚えさせたり、17種類以上のミッションを実行することが可能です。

参考価格は15,000円前後。(Amazon のリンク)




Makeblock プログラミングロボット mBot 日本語版


簡単に組み立てができて、プログラミング可能なロボット。専用のスマホアプリから操作できます。対象年齢8歳からでSTEM教育にもピッタリ。関連書籍も発売されています。

ロボスタの記事はこちら
mBot

参考価格は16,000円前後です。(Amazon のリンク)



コード・A・ピラー


日本おもちゃ大賞2017のエデュケーショナル・トイ部門で優秀賞を受賞している知育要素のあるロボット。イモムシ型ロボットがかわいい。

参考価格は4,000円前後です。(Amazon のリンク)



タミヤ 楽しい工作シリーズ No.227 カムプログラムロボット


自由にセットできるカムを使って動きをプログラムできるロボット工作です。モーターを2個搭載して三角形のクローラーで進み、左右の腕も動きます。
参考価格3,400円前後。(Amazon のリンク)




Omnibot 爆・笑太郎


ロボットのカタチをした、ひたすらギャグを連発するおしゃべり玩具。一方的にギャグを言うだけなのに、会話ロボットの真髄に触れた気がするのはなぜ?

ロボスタの記事はこちら
爆・笑太郎

定価5,800円、参考価格9,000円前後。(Amazon のリンク)



お子様へのプレゼントなら

今回、実売3万円を上限で大人も楽しめるロボット・トイを主に紹介してきました。お子様へのプレゼントを検討している場合は、男の子向けでは「ハロー! ダイノ ネオ」、女の子向けでは「うまれて!ウーモ ワォ」が喜ばれるのではないでしょうか。


Omnibot Hello! DINO NEO (ハロー! ダイノ ネオ)


走り回る恐竜がかっこいい。(Amazonでめっちゃ安い)


うまれて!ウーモ ワォ


女の子に大人気のロボット玩具「うまれて!ウーモ」シリーズの最新版。品薄で購入困難なのが難点(ネットではプレミア価格で販売しているところもあるので要確認)。

もっといろいろ紹介したいのですが、今回はこの辺で。 素敵なクリスマスをお過ごしください!

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム