小型ロボット「PLEN Cube」がカフェで顔認証 コーヒーサブスクリプションの受付自動化へ

ロボットが自動化を担う、コーヒーサブスクリプションモデルが始まる。

PLEN Roboticsと、クルックスクルーズは、クルックスクルーズが運営する東京都港区台場のヨーロピアンリゾートカフェ「CRUX Kafeo(クルックスカフェオ)」にて、小型ロボット「PLEN Cube」の顔認証機能を利用したサブスクリプションサービスの実証実験を、10月25日、26日の2日間実施中だ。



コーヒーサブスクリプションとは、毎月定額を支払うことで、コーヒーが飲み放題になるサービス。



希望する顧客の顔写真登録を行い、カフェ注文カウンター上に配置された「PLEN Cube」がサービス登録者をカフェ来店時に自動受付するというもの。

PLEN Cubeは受付で顔認証を行い、サブスクリプションサービス登録のデータと照合を行なう。登録者であれば、音声ガイダンスに基づき注文内容を確認し、その後コーヒーが提供されるという流れだ。

CRUX Kafeoのプレミアムラウンジサービスは、月額19,800円〜(税別、初回は特別価格10,000円)。本日のコーヒーのサブスクリプションに限り、「PLEN Cube」が対応する。

この実験は顔パス・カードレス化により飲食店の業務効率化、常連顧客対応の向上を目的とするもので、CRUX Kafeoのコーヒーサブスクリプション、「プレミアムラウンジサービス」開始に合わせて 2018年11月のサービスインを目指す。



「PLEN Cube」は、AI技術をアシスタント・サービスにする小型の箱型ロボット。一辺が約 7.5cm の立方体で、手のひらに乗る小型サイズでありながら、カメラ、スピーカー、マイクの機能を有している。

さらに、フェイストラッキング、音声認識などの最新テクノロジーを搭載。個人を顔で認識し、トラックする Real-time face tracking機能を使い、チェックイン、問診、会員カードやチケット、スタンプチェックなどの定型業務を「顔パス」に置き換え、サービス業の自動化、効率化への貢献を目指している。

PLEN Roboticsは、日本で10年以上に渡り小型ロボットを開発してきた株式会社プレンプロジェクトの経験を基に、これまでにない実用的で人々の生活を効率化させる家庭及び個人用のサービス・ロボットの開発を目指し、2017年7月に設立された。

「一人が一台のロボットを利用する」という、「パーソナル・アシスタント・ロボット」を世に送り出すことを目的としている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム