「Pepper」が立体商標に ソフトバンクロボティクスが発表

ソフトバンクロボティクスグループ株式会社は、11月22日、人型ロボット「Pepper」の形状が、特許庁により立体商標として登録されたことを発表した。

「立体商標」とは、1996年に導入された制度で、商品やサービスの出どころを特定する立体的な形状を「商標」として登録し、保護するもの。同社は立体商標として登録されたことについて、「ロボットそのものの外観だけで、ソフトバンクロボティクスグループの人型ロボットであると広く一般的に認識されることが認められたことを意味します」と述べている。

Pepperは、2014年6月に発表し、2015年6月に一般販売を開始。イベントや店舗などで広く活用されることにより、多くの人の目に止まり、お馴染みのロボットとなった。

ソフトバンクロボティクスグループは、より多くの方に愛されるPepperのブランド構築を目指し、今後も様々な取り組みを行なっていくとしている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム