企業の来客対応で活躍する「受付Tapia」、特別パックをAmazonで販売開始!

コミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」を製造販売している株式会社MJIは、来客対応などに活用できる「受付Tapia」の特別パックをAmazon.co.jpにて販売開始した。

「受付Tapia」は、企業などの受付に設置し来客者の対応するタピアと、オフィス内に設置してスタッフに来客を知らせるタピアの2台セット。使用するためには「スタータープラン」や「プロフェッショナルプラン」などの利用が必要となる。


受付Tapiaを活用した受付方法のイメージ

Amazonで販売されているのは2種類。本体2台に呼び出しやスタッフ管理、LINEへの通知ができる「スタータープラン」を2年間使用できるパックが付いて213,840円。

前述した「スターターパック」の機能に加え、カレンダー、QRコードの送信機能が付いた「プロフェッショナルプラン」を同じく2年間使用できるパックが265,680円となっている。

両パックとも、通常の「受付Tapia」本体と2年間の料金プランの利用料を合算したものより安く提供されている。ただし「受付Tapia」本体は専用となり、通常のタピアとしての使用は出来ないので注意が必要だ。



LINEスタンプ第2弾も販売中

またMJIは、LINEのメッセージで使用できるタピアをモチーフにした「クリスマス&2019お正月向けスタンプ」をLINEストアで販売中だ。今回のスタンプのデザインは全8種類。全てタピアのフォルムを活かしたカワイイデザインとなっている。


LINEスタンプ第2弾のスタンプ一覧

クリスマスを祝っているタピアや雪だるまになったTapiaの他、紅白のおめでたいタピアは新年を祝うにはピッタリなデザインだ。

ダウンロード価格は120円。同じく第1弾のTapiaスタンプも現在も継続して販売中。LINEでの年末年始のご挨拶はタピアスタンプが喜ばれるかも?

ABOUT THE AUTHOR / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは広告営業をメインにしていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。「HKT48」を推しつつも「NGT48」「=LOVE」が気になっています。最近は取材の予習で聴いた「夢みるアドレセンス」の楽曲の良さに驚く。 長年の夢だったTBSラジオデビューを果たしました。 誕生日の夜は今年も一人かも知れないと不安しかありません。

PR

連載・コラム