2018年12月26日 ロボット業界ニュースヘッドライン

本日のロボット業界ニュースヘッドラインをお届けします。


5000円の「中国製ドローン」を飛ばしてみた。搭載カメラの画質に驚愕(bizSPA!フレッシュ) – Yahoo!ニュース


AIとIoTを手軽に始めよう——IoT開発ボード「obniz」を使った「AIロボットキット」と「IoTホームキット」 | fabcross


AIにぬくもりを!お笑いAI開発わたしはの次の挑戦が始まる | TechCrunch Japan


ヒューマンホールディングス、日本最大級の子ども向けロボット教室をシンガポールに開設 東南アジアへ初進出|ヒューマンのプレスリリース


注目のロボットホテルが福岡初進出!HIS、「変なホテル福岡 博多」を2019年1月17日に開業 | HOTELIER(ホテリエ)|ホテル・旅館・インバウンド不動産投資メディア


GROUND/米国のロボティックピッキングシステム会社と販売契約締結 | LNEWS


間違えるとたたかれるスパルタギター教師ロボットが怖すぎる | ガジェット通信 GetNews


逆さまでも落下しないマイクロロボットが開発中 電子吸着フットパッドで導電性表面の歩行を可能に | Webマガジン「AXIS」|Web Magazine AXIS


「アイロボットは家庭用ロボットのリーダーであり続ける」ロボット掃除機ルンバのCTOに聞く – Engadget 日本版


災害ロボット、油圧で精密に動かす 東工大が駆動装置  :日本経済新聞


大学研究室発・ロボットベンチャーGenics、世界最大級の家電展示会「CES2019」にて、開発中の次世代型歯ブラシを展示!|株式会社Genicsのプレスリリース


水陸両用、原発で作業もできる「ヘビ型ロボット」はこうして生まれた(東京工業大学) | ブルーバックス | 講談社(1/3)


「AI活用の壁」をどう乗り越えるか?――成功から失敗までを知りつくす3人が語る! (1/3):EnterpriseZine(エンタープライズジン)


人工知能でラーメンをより美しく


アリババ、AI活用の“未来ホテル” – SankeiBiz(サンケイビズ)


通信プロトコルAMQPはIoTに向いているか調査せよ! | 日経 xTECH(クロステック)


IoTはメーカービジネスを一変させる、効果的活用には相応の覚悟と準備が必須 | 日経 xTECH(クロステック)


売り上げが少ない企業はAIを入れても意味がない | 日経 xTECH(クロステック)


政府がAI活用の7原則、悩ましい説明責任 | 日経 xTECH(クロステック)


アメリカ空軍士官学校が全長40フィートのステルスドローンを開発中 | ドローンニュース


英空港にドローンが入り込んだ騒動 そもそもなかったという見方も – ライブドアニュース


災害ロボット、油圧で精密に動かす 東工大が駆動装置  :日本経済新聞


協働ロボの世界市場、2024年には8500億円 | 日経 xTECH(クロステック)


カメラ付きの自分で組み立てる木製DIYドローンがMakuake登場 4スタイルがセットになりカスタマイズやプログラミングが楽しめる|Relajanteのプレスリリース


AI講座をYouTubeで無料公開|株式会社フォーサイトのプレスリリース


韓国KT、ロボットが注文を受けコーヒーをいれる世界初「5Gロボットカフェ」オープン(中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース


歌舞伎町ロボットレストランが外国人観光客に大人気 | 理由・口コミ効果などインバウンド集客のポイント | 訪日ラボ


シャープ、半導体事業を分社へ 「8K」「IoT」支える成長の核 :日本経済新聞


「早くイイ感じのAI作って」 むちゃぶり上司には“急がば回れ”で立ち向かえ! (1/3) – ITmedia NEWS


社交性たっぷり!ロボット「エリアス」 – SWI https://t.co/wZ2uijUpHx


ケンブリッジ大学の研究者らが新たなロボットハンドを開発 広い可動範囲でさまざまなピアノ演奏を実現 | Webマガジン「AXIS」|Web Magazine AXIS


歩行支援を目指すロボットたち–カリフォルニア工科大のラボを見学 – CNET Japan


自慢のロボット、性能競う 県中学競技会、中央台南Aが優勝:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet


小学校でヘボコンの授業をする(僕なんかがプログラミング教育でいいんですか) :: デイリーポータルZ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム