「いかにPepperで素晴らしい体験をつくるか」ソフトバンクロボティクスが作った公式マニュアルが公開中

SoftBank RoboticsによるPepperのロボアプリ開発者向け公式マニュアルが公開中だ。タイトルは「How to Create a Great Experience with Pepper」、日本語に訳すと「いかにPepperで素晴らしい体験をつくるか」といったところだろうか。

目次は以下の通り。

01 Pepper is a humanoid-robot
1A. Pepper is not just a robot, Pepper is a humanoid-robot
1B. Pepper is a humanoid but not a human


02 Pepper is a character
2A. Pepper is approachable, genuine, and engaging
2B. Pepper is enthusiastic
2C. Pepper should lead interactions
2D. Pepper tries to be smart
2E. Pepper is polite
2F. Pepper is playful


03 Pepper communicates mainly by voice
3A. Pepper uses natural language
3B. Pepper’s language is easy to understand


04 Pepper is not just a tablet
4A. Pepper’s tablet is secondary
4B. Pepper’s tablet is essential in some cases
4C. Pepper is aware of the tablet
4D. Pepper and the tablet work as a team


05 Pepper is easy to use
5A. Pepper guides users to every expected action
5B. Pepper’s tablet is highly readable
5C. Pepper maintains standards in order to be predictable
5D. Pepper protects users from mistakes
5E. Pepper helps the user with difficulties

全編英語で書かれたマニュアルだが、読みやすい文章なので英語が苦手な方も奥せず読んで欲しい。きっと多くの得るものがあることだろう。

コミュニケーションロボットのロボアプリ開発者はもちろん、デバイスと人間との関係を作るという意味でスマートスピーカーのスキル開発者にもおすすめしたいマニュアルだ。


「Pepper is a humanoid-robot」より。

「Pepper is easy to use」より。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUIデバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム