ヤフー、飲食店の空席情報をIoTでリアルタイムに表示 新宿で実証実験

ヤフーは、センサーを活用して、飲食店の空席情報をリアルタイムに飲食店予約サービス「Yahoo!ダイニング」へ掲出するIoTの実証実験を開始すると発表した。新宿西口エリアの大手居酒屋チェーン6店舗限定で、1月24日(木)~2月26日(火)の約1ヶ月間実施する。

実証実験では、「Yahoo!ダイニング」内に特設ページを開設し、6店舗それぞれの店舗情報に加え、リアルタイムの空席情報を「空席あり」「残りわずか」「混雑中(お問い合わせください)」などいずれかにて掲出。

ユーザーは、エリア内の複数店舗の空席情報を一覧で確認できる。「特定エリアで今すぐ入れる居酒屋を探したい」といった課題を解決したい狙いだ。

店舗側は、空席判定用にテーブルへ人感センサーを設置することで、座席状況などの手動によるデータ入力を省き自動で空席情報を掲出できるため、手間をかけずに集客機会の創出が期待できる。

実証実験を通じて、店舗への来客数がどれだけ増加するかを検証し、その結果を踏まえ、「Yahoo!ダイニング」への機能実装や、居酒屋以外のあらゆる飲食店(レストラン、カフェなど)への対象拡大を検討していくとしている。

Yahoo!ダイニングの特設ページでは、明日1月24日より、新宿の居酒屋6店舗のリアルタイムな空席情報を確認することができるようになっている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム