書籍「シンギュラリティ (やさしく知りたい先端科学シリーズ3)」(著:神崎洋治)を5名様に【ロボスタプレゼント】

ロボットと人工知能、IoT関連の情報マガジン「ロボスタ」をご愛読頂きましてありがとうございます。メールマガジン「ロボスタメール」(無料)読者の皆様に【プレゼント】のお知らせです。

今回はロボスタ編集部で執筆中の神崎洋治の新刊「シンギュラリティ (やさしく知りたい先端科学シリーズ3)」を5名様にプレゼント致します。





【出版社による解説】
一挙紹介、AIが超人類となる日。
シンギュラリティ(Singularity)とは、人工知能(AI)が人間の能力を超えることで起こる「技術的特異点」のことをいう。
ロボット技術がさらに進化し、大変革が起こって後戻りできない世界に突入すると、人類はどうなるのか――。
本書はシンギュラリティの実例と最新の動向をわかりやすい文章と写真・イラストで解説し、近未来に訪れる世界を多角度から描き出す。
話題の先端科学に触れたいという知的好奇心に応えるシリーズ第3弾。

【出版社による本書の特色】
◇シンギュラリティとは?
人工知能が人間の知能を超えることで社会的な大変革が起こり、後戻りができない世界に突入してしまう時期をいう。
その先の人類の社会が「楽園」なのか、「滅亡」なのか、指数関数的な技術の進化とともにわかりやすく解説する。
◇頭脳で人間を超える
ニューラルネットワークによる深層学習(ディープラーニング)こそが、人間を超える汎用型AI誕生のキーワード。
進化するAI技術の現状と近未来を描き出す。
◇進化するロボット
人類が「シンギュラリティ」を迎える時期は、AI・ロボット・IoTによる技術革新のスピードによって変わるかもしれない。
人間の身体を代替するロボット開発の現状と解決すべき課題を例示する。
◇ロボティクスの挑戦
エンターテインメント・デリバリー・警備・建築・介護などでの活用がはじまるロボットの実例としくみを紹介する。
◇コンピュータと感情、ロボットと生命
人類が「シンギュラリティ」を迎えるか否かは、「心や命とは何か?」を考えることからはじまるのかもしれない。
科学技術と哲学倫理の関係について提言する。

【著者からのコメント】
シンギュラリティ、AIが超人類となる日、その先は楽園か滅亡か。中高生から読めるように初級向けの内容で解りやすさを念頭にまとめました。未来を知るにはまずは現在から。ゲーム、画像認証、会話、自動運転、農業、医療介護などに活用され始めたAI(人工知能)やロボット技術の進化の現在と近未来を写真やイラストで解説しています。




プレゼントの応募締切は2月18日(月)。
応募は下記をクリックして応募申込みページにジャンプしてください。

inp-but
クリックすると応募ページにジャンプしますので、必要事項をご入力ください。


ロボスタメールにまだ登録していない方もご応募ください。
応募締切後、翌週にメールアドレスがロボスタメールに自動登録となります。ロボスタメールで今後のプレゼントのお知らせを致します。(メール配信の解除はメルマガ本文からワンクリックで可能です)

今後も引き続き、さまざまなプレゼント企画を用意していきますので、ロボスタとロボスタメールをどうぞよろしくお願いいたします。


■ロボット関連メーカー/販売店の方へ
ロボスタメールでは読者プレゼントの賞品を募集しています(製品または製品関連のノベルティグッズ(ティーシャツ、ステッカー、トートバック、マグカップ等))。プレゼント募集のバナーはロボスタのすべての記事で表示され、メルマガで告知されます。プレゼント賞品をご提供頂ける場合は、「お問い合わせフォーム」からロボスタ編集部宛でご連絡ください。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム