EUで導入済みのIoTデバイスが急加速や急ブレーキ、衝突事故を検知!ソフトバンクとSBI損保、ボッシュが運転行動データのテレマティクスサービス実証実験

SBI損害保険株式会社とSB C&S株式会社(旧ソフトバンク コマース&サービス株式会社)は、2019年2月からSBIグループの関係者を対象に、運転行動データを分析し、ドライバーの安全なカーライフをサポートする各種テレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を実施することを1月28日に発表した。車両衝突事故が起きた際、緊急通報用電話番号へ自動通報を可能にするサービス「自動緊急通報サービス、自動eCall」対応デバイスが運転行動データを収集する。技術的にはボッシュやソフトバンクテクノロジーと連携する。

なお、同サービスは欧州連合(EU)域内においては2018年3月31日から全ての新車への装備が義務化されている。



実証実験概要

SB C&S株式会社が提供する今回の実験環境では、ボッシュ株式会社が販売する自動緊急通報サービス(自動eCall)対応のデバイス「テレマティクスeCall プラグ」と、ソフトバンク・テクノロジー株式会社が提供するIoT活用に必要なサービスをつなげ、デバイスから送られるデータの収集・蓄積から分析まで行うことが可能なプラットフォームサービス「IoT Core Connect(アイオーティーコアコネクト)」を採用している。


テレマティクスeCall プラグ

同プラグは、ボッシュ株式会社が開発したシガーソケットに差し込む後付けeCall用デバイス。3軸の加速度センサーにより、ブレーキ、加減速、ハンドル操作といった運転行動データに加え、衝突事故を検知することができる。

テレマティクスeCall プラグ

■【動画】利用者との関係性向上を急速に発展―「Telematics eCall Plug」(英語)

Telematics eCall Plug – The Fast Track to Customer Relationship Improvement

ソケットに挿したIoTデバイスとスマートフォン、GPS情報が連携して運転行動を収集



IoT Core Connect

豊富な導入実績がある Microsoft Azure の IoT サービスを活用したプラットフォームサービスで、モノ・データ・ヒトを統合的に管理するサービスをシームレスに提供することで、メーカーや BtoB サービスを提供する企業などの IoT のビジネス化を支援する。

IoT 機器の管理や収集したデータの管理・可視化をワンストップで提供する基本機能に加え、フィールドサービスやファシリティマネジメントなどの業務別テンプレートや AI、OTA アップデート、セキュリティなどの各種サービスと連携する拡張機能で構成されている。

IoT Core Connect の機能
IoT Core Connect詳細ページ(公式サイトより)
https://www.softbanktech.co.jp/service/list/azure-iot/iot-core-connect/




今後の展開

今回の実証実験の結果をもとに、SBI損害保険株式会社は、収集したデータを解析し、テレマティクス保険などドライバーの安全と利便性を向上させる革新的なサービスの開発を検討、SB C&S株式会社は、データを活用したテレマティクスサービスの開発と国内企業への納入を推進するとのことだ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム