JR東日本51駅で「落とし物自動通知サービス」の本格運用が開始 ——なくすをなくすを目指すMAMORIO

MAMORIO株式会社とJR東日本が、JR線内51駅にて忘れ物自動通知サービスの本運用を開始することを発表した。

これは、2018年から首都圏主要4駅にて行われていた試験運用の結果から、一定の効果が見込まれたことを踏まえてのことだ。

「忘れ物自動通知サービス」は、MAMORIO社が販売する紛失防止タグ「MAMORIO」をつけた所持品が該当する51駅のお忘れ物承り所に届けられた際に、所有者のスマートフォンにそれが通知されるというもの。

各承り所に設置された専用アンテナ(MAMORIO Spot)が所持品に付いている「MAMORIO」の電波を受信し、紛失物につけられたMAMORIOと紐付けられたスマートフォンに「MAMORIO アプリ」を通して所持品の所在地が自動的に通知される。



この取り組みはJR東日本以外にも各私鉄やテーマパークでも導入されている。先日「置くだけでMAMORIO SpotになるWi-FiアクセスポイントになるMAMORIO Spot Wi-Fi」を発表したMAMORIOだが、「なくすをなくす」社会に向けてのインフラ整備をすすめた形だ。

MAMORIO Spot設置駅一覧(51駅)
東京上野、松戸、取手、川崎、鶴見、東神奈川、横浜、大船、平塚、小田原、熱海、桜木町、磯子、逗子、横須賀、三鷹、府中本町、立川、豊田、八王子、高尾、甲府、浦和、大宮、古河、小山、
小金井、宇都宮、黒磯、熊谷、高崎、新前橋、土浦、水戸、錦糸町、西船橋、津田沼、千葉、佐倉、 成田、成田空港、仙台、山形、新庄、盛岡、新青森、秋田、長岡、新潟、長野 ※太字駅は導入済み
関連サイト
MAMORIO Spot 設置場所

ABOUT THE AUTHOR / 

梅田 正人
梅田 正人

大手電機メーカーで生産技術系エンジニアとして勤務後、メディアアーティストのもとでアシスタントワークを続け、プロダクトデザイナーとして独立。その後、アビダルマ株式会社にてデザイナー、コミュニティマネージャー、コンサルタントとして勤務。 ソフトバンクロボティクスでのPepper事業立ち上げ時からコミュニティマネジメント業務のサポートに携わる。今後は活動の範囲をIoT分野にも広げていくにあたりロボットスタートの業務にも合流する。

PR

連載・コラム