顔認識でキャッシュレス注文する「顔パスシステム」がラーメン店に導入

エクスウェアは凪スピリッツの新店舗であるラーメン凪 田町店に顧客満足度向上によるリピーター増加を目的とした、「顔パスシステム」を導入した事を発表した。

エクスウェアが提供する顔パスシステムは、ユーザーの顔を会員証として、AIを活用した顔情報の照合・認証を行いユーザー情報の管理を行うシステム。インターネットに接続できるデバイスであればシステム利用ができる為、高価な専用機器が不要で、登録情報にサービスを紐づけることで特定のユーザーを対象に個別のサービス提供が可能。さらに、オンプレミスで使用できるため、クラウドを使わずにサーバーを持つ事もできる。

店舗では、顔認証から注文(発券)までをシステム化しており、ユーザーに合わせたサービス提供とキャッシュレスサービスを行っている。現在、サービスは「ライトパス1ヵ月 8,000円」「プレミアムパス 3ヵ月 22,000円」「タイムパス 3ヵ月  15,000円の(毎日14時~22時まで限定)」3種類が展開されており、これらの会員になることで顔パスでラーメンを食べることができる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム