【MWC 2019】Google、携帯電話向けのGoogleアシスタントの新機能を多数発表!Android Go・KaiOSのGoogleアシスタント対応で利用者7倍に

2019年2月24日、GoogleがMobile World Congress 2019(MWC19)開催に合わせてGoogle Assistantに関する8つのトピックスを発表した。


Google MapsのGoogle Assistant対応


今後数週間のうちに、すべての言語でGoogle AssistantをGoogle Mapsから呼び出せるようになる。


MessagesアプリからGoogle Assistantにアクセス


モバイルデバイスでMessageアプリを開いた状態でホームボタンを長押しするとGoogle Assistantが起動し、映画、レストラン、天気などの情報をポップアップ表示する。チャットの相手に共有することもできる。今後数ヶ月で英語圏のMessageアプリで対応される。


Android Go・KaiOSのGoogle Assistant対応


Google Assistantを手頃な価格のAndroid GoとKaiOS搭載の携帯電話に対応したことで、利用者が大きく伸びた。インド、インドネシア、メキシコ、ブラジルでのGoogle Assistantのアクティブユーザー数が1年で7倍に増加したという。


KaiOSでの音声入力対応


今後数カ月間で、KaiOSで音声入力サポートを行う。フィーチャーフォンの[アシスタント]ボタンを押したままにして、自分の声でテキストメッセージ、Web検索、その他テキストフィールドのあるものを入力できるようになる。


Google Assistantが8つのインド語に対応


昨年夏に対応されたマラーティー語に追加して、新たに7つの言語、ベンガル語、タミル語、テルグ語、グジャラート語、カンナダ語、マラヤーラム語、ウルドゥー語に対応した。言語を変更したい場合、「Google、ベンガル語で話してください」とだけ伝えれば変更される。


多言語同時サポートの拡大


英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、日本語、イタリア語の6言語の中から2つの言語をシームレスに切り替えることができるバイリンガル機能が拡充された。今回、新たに6言語、韓国語、ヒンディー語、スウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語、オランダ語も選択できるようになった。


Android 9 Pie(Go Edition)・KaiOSのGoogleアクション対応


今後数ヶ月以内にAndroid 9 Pie(Go Edition)とKaiOSデバイスでもGoogleアクションに対応することが発表された。ピザを注文したり、音声ゲームをプレイしたり、クリケットの試合の結果を確認したりといった追加機能が低価格なデバイスでも利用可能になる。開発者向けにテスト用のシミュレーターも提供される予定。



Source:Google Blog

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム