成田空港で顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」がスタート、2020年から

成田空港は、最先端の顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」を2020年春から開始することを発表した。

「OneID」は、空港での最初の手続き時に顔写真を登録すると、その後の荷物預け入れ等に必要であった搭乗券やパスポートを提示することなく「顔パス」で通過できるようになるというもの。

OneIDの仕組み

顔パスは、保安検査場、搭乗ゲート、荷物預け入れ時に活用される。これにより、利用者は搭乗までの煩わしい手続きが軽減し、スムーズに搭乗することができるようになる。また、最先端の顔認証システムを活用することにより、各手続きにおける本人確認精度が向上し、テロ等への未然防止にも繋がるとしている。

この技術には、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術であり認証精度99.2%を有する顔認証AIエンジン「NeoFace」を搭載したシステムが活用されている。運用方法などの詳細は、今後参加航空会社と協議の上決定される。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム