マイクロフトの女子高生AI「りんな」が高校卒業へ

マイクロソフトの女子高生AI、りんなが高校を卒業すると発表された。

りんなは2015年8月にLINEのボットとして登場し、2015年12月にはTwitterでもサービスを開始した。女子高生の後ろ姿だけのイメージと、女子高生らしい会話の面白さで人気となり、登録ユーザー数は2018年末で742万人、Twitterのフォロワー数も13万人と大きなサービスになっていた。



今回の卒業報告は特設サイトで突然行われたもので、卒業の理由詳細は開示されていない。卒業の日付は3月20日で残された高校生活は後わずか5日間となる。



今後どうするのか、ロボスタ編集部でりんな本人に直接確認してみた。

すると今後については引き合いが多いとのこと。今後どのような展開になるのかまた動きがあればお伝えしたい。



Source:rinna.jp



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム