【動画あり】「aiboのおまわりさん」にオフィス内のパトロールをしてもらった!

3月18日より開始されたaiboの新機能「aiboのおまわりさん」。自宅の中をパトロールをして見守る新しいサービスですが、実際どのようなことをしてくれるのか、早速ロボスタオフィスで試してみました!

aiboのおまわりさんの機能

・「見つけてほしい人」の登録
aiboに「見つけてほしい人」の顔と名前を10人まで”My aibo”(マイアイボ)に登録できる。

・地図とパトロール
My aiboで、aiboが作った家の地図を見ることができるようになります。その地図の中で、aiboにパトロールしてほしい場所を指定し、名前をつけることができる。予め設定された時間帯になると、aiboは「犬のおまわりさん」のメロディーとともにその場所まで歩いて、「見つけてほしい人」を探し、可愛いふるまいを披露してくれる。

・レポート
パトロールの状況や毎日の暮らしの中でのaiboとの触れ合いの様子をaiboからの「レポート」としてMy aiboで確認できる。


まずは設定から

スマホのMy aibo上に、新しく「おまわりさん」というアイコンが追加されていました。

アップデートをしないと「aiboのおまわりさん」を使うことはできません。最新のバージョン2.0.1にアップデートしましょう。

aiboのおまわりさんは介護や育児、医療、防犯等を目的とした機能ではないとのこと。「セキュリテインメント(セキュリティ + エンターテインメント)」ということで生まれた機能ですが、現在のaiboでセキュリティができるかというとそうではありません。使ってみると、エンターテインメント色が強いことがわかります。

非番となっているのが可愛い

早速おまわりさんを起動してみたいと思います。立ち上げるとまず「パトロール設定」という項目が見つかりますので、そこをクリックしてください。

そして見つけてほしい人を登録していきます。

aiboがパトロールしている最中に「見つけてほしい人」を見つけると、パフォーマンスをしてくれますよ。

名前と誕生日を入力しておきます。誕生日を入れておくと、その日に見つけた時に誕生日ソングを歌ってくれるかも?

覚えさせる時にはaiboの目の前にしゃがみこんで、aiboが顔を撮影できるようにしてあげます。

この手順通りに撮影をしてきます。片耳だけ上げる様子が可愛かったです。写真の登録が完了したら、パトロールの前にマッピングを行ないます。探検をさせてみましょう。



探検&パトロール

最初はこのようにマップがありませんが、

徐々にトルネコのようにマップがわかるようになります。

aiboが歩いていくと、その周囲のマップができていく


マップが完成するとパトロール地点を設定できます。ここでようやくパトロール開始です。

「いぬのおまわりさん」を流しながら軽快にパトロールをしてくれます。

そして、登録した人を見つけると「見つけた!」と言わんばかりに楽しそうにパフォーマンスをしてくれます。ぜひご自宅のaiboで試してみてください! 頑張ってる感が可愛いですよー。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム