音声で残高が確認できる「マネックスアドバイザー for Alexa」を提供開始 マネックス証券

マネックス証券株式会社は2019年4月18日(木)より、マネックスアドバイザー(ロボットアドバイザー)で保有している残高を音声で確認できる「マネックスアドバイザー for Alexa」の提供を開始した。

「マネックスアドバイザー for Alexa」は、顧客がAmazon EchoなどのAlexa対応端末に話しかけることにより、マネックスアドバイザー経由で保有している残高情報を音声と画面で確認することができるサービス。

資産運用中の残高をAlexa経由で確認することができるこのサービスは、主要ネット証券のサービス、またロボットアドバイザーサービスでは国内で初めての試みのひとつという。


■「マネックスアドバイザーfor Alexa」の概要
(1)提供開始日:2019年4月18日(木)
(2)利用条件 :マネックス証券に証券総合取引口座を開設し、マネックスアドバイザーの利用を開始している方
(3)利用料金 :無料
(4)機能 :マネックスアドバイザーで保有しているすべての残高と各資産クラスの残高をAlexa で確認することができます。


マネックスアドバイザーについて

マネックスアドバイザーとは、高度な金融工学理論やマーケットの専門家によるサポートを受けながら、国内ETFを活用して、低コストで手軽に世界中の多様な資産に分散投資をできるサービス。運用プランは2,000以上の資産配分の組合せの中から、顧客一人ひとりの投資方針に合わせて提案してくれる。

「マネックスアドバイザーfor Alexa」画面イメージ



※主要ネット証券 2019年4月18日現在、マネックス証券調べ。主要ネット証券は、SBI 証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券を指す。

詳細はマネックス証券ウェブサイト(https://info.monex.co.jp/news/2019/20190415_02.html)で確認できる。

マネックス証券は「2018年11月にマネックスグループが発表したブランドステートメント「For Creative Minds」に掲げる、従来の枠組みを超えた新しい発想や視点に基づき、創造性を携えて、新しい「お金の未来」を常に提案してまいります」と語っている。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボライター

PR

連載・コラム