「人協働ロボットによる生産自動化設備」協働ロボットで量産した製品を販売へ バタフライボードとデンソーウェーブ

バタフライボード株式会社は、株式会社デンソーウェーブと協業し、人協働ロボット「COBOTTA(コボッタ)」で量産した「バタフライボード2」を2019年4月18日(木)より公式サイトにて数量限定で販売する。


デンソーウェーブの人協働ロボット「COBOTTA(コボッタ)」と「バタフライボード」の共創により、これまで手作業で量産してきたバタフライボードの生産ラインについて、ロボットを活用した自動化システムの構築に成功し、2019年1月の第3回ロボデックスにて初めて公開した。
(参照URL:https://www.butterflyboard.jp/information/20190108/

今回、COBOTTAが展示会等で自動製造したバタフライボードを商品化し、「ロボット製バタフライボード」として数量限定にて販売を開始。COBOTTAが量産したバタフライボードが実際に市場で販売されるのは初めて。
今後両社は、人協働ロボットによる生産自動化システムの社会実装に向け検証・改善を行い、バタフライボードを「いつでも、どこでも、適量生産」できる環境を構築し、これまで難しかったハードウェアの「多品種・適量生産」の実現に向けて生産のデジタル化を推進していく。

また、NHK「サイエンスZERO」4月21日(日)(「進化する超絶技巧!スーパーロボットアーム大集結」)にて本プロジェクトの内容が放映される。
番組URL:https://www4.nhk.or.jp/zero/x/2019-04-21/31/16093/2136707/


概要

デンソーウェーブの人協働ロボット「COBOTTA(コボッタ)」と「バタフライボード」の共創により、これまで手作業で量産してきたバタフライボードの生産ラインについて、ロボットを活用した自動化システムの構築に成功し、2019年1月の第3回ロボデックスにて初めて公開したもの。
今回、COBOTTAが展示会等で自動製造したバタフライボードを商品化し、「ロボット製バタフライボード」として数量限定にて販売を開始する。COBOTTAが量産したバタフライボードが実際に市場で販売されるのは初めて。
今後両社は、人協働ロボットによる生産自動化システムの社会実装に向け検証・改善を行い、バタフライボードを「いつでも、どこでも、適量生産」できる環境を構築し、これまで難しかったハードウェアの「多品種・適量生産」の実現に向けて生産のデジタル化を推進していくとしている。

製品概要
発売日:2019年4月18日
販売先:公式オンラインショップ(URL:https://shop.butterflyboard.jp/items/18931310
販売価格:ロボット製バタフライボード(A4サイズ ホワイトボード 10枚セット)¥ 6,480円/税込
プロジェクトサイト:https://www.butterflyboard.jp/project01
【参考】
NHK「サイエンスZERO」4月21日(日)(「進化する超絶技巧!スーパーロボットアーム大集結」)にて本プロジェクトの内容が放映される。
番組URL:https://www4.nhk.or.jp/zero/x/2019-04-21/31/16093/2136707/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボライター

PR

連載・コラム