AIが観光客のお問い合わせにチャット形式で答える「トリップAIコンシェルジュ」、3ヶ国語に対応

リクルートライフスタイルは、AIを活用したチャット形式の問い合わせ対応サービス「トリップAIコンシェルジュ」の外国語応答の申込受付を2019年7月1日(月)に開始することを発表した。

トリップAIコンシェルジュは、「お風呂って何時まで入れる?」「チェックインの時間を早めたい」などといった旅行者のお問い合わせに対し、AIがチャット形式で答える問い合わせサービス。宿泊施設は「トリップAIコンシェルジュ」の利用開始前に、定型的な問い合わせに対する回答を入力することで、利用開始後は、利用者の問い合わせに対して自動で応答が行われるようになる。

今回対応した言語は、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の3種類。申込受付は7月1日(月)に開始し、提供は12月より順次開始となる予定。また、外国語応答を利用する場合、トリップAIコンシェルジュの月額利用料とは別に月額5,000円(税抜)の費用が必要になる。



リクルートライフスタイルは、1990年の旅行情報誌「じゃらん」創刊より、旅行サイト「じゃらんnet」や「じゃらん」を中心に、宿泊施設に対して集客支援サービスを提供してきた。しかし、急激に変化する宿泊業界は、労働人口の減少などにより従業員の業務負荷が増しており、生産性向上が課題とも言われている。同社は、そのような課題を解決するとともに、さらなる業界の発展に寄与することを目指し、宿泊施設の業務負荷を軽減する業務支援サービスを2018年3月より提供を開始した。

「トリップAIコンシェルジュ」は、宿泊施設の定型的な問い合わせ対応業務の負荷軽減を目指している。活用している宿泊施設からは、嬉しい感想をいただくと同時に、今後も増加が予想されるインバウンド対応に向けて外国語対応してほしいとの要望を多く頂いていたという。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム