【速報】楽天ドローンの有料配送サービスを今夏実施! 西友、横須賀市と共同で

横須賀市、楽天、西友は、神奈川県横須賀市内の「西友 リヴィンよこすか店」から、観光地である猿島を訪問している一般利用者へ商品を届けるドローン配送サービスを、2019年7月4日(木)より約3カ月に渡って提供することを発表した。同サービスの実施日は、木・金・土曜日となり、食料品などの注文受付は、各実施日の0時からとなる。

「楽天と西友、離島へのドローン配送発表式典」に登壇した楽天株式会社の常務執行役員 安藤公二氏と合同会社西友 執行役員 竹田珠恵氏

猿島は、年間20万人が来島する人気の観光地。特に夏場には、バーベキューや海水浴、釣りなどを楽しむため、多くの観光客が訪れる。猿島へのアクセスルートは定期船での移動が主流で、配送物もこの定期船で運搬されている。「バーベキュー中に食材が足りなくなってしまった。」「すぐ買いにいける場所がない。」このような声を受け同サービスがスタートする。

今回のサービスでは、猿島を訪れる一般利用者が、楽天のドローン配送サービス「楽天ドローン」の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを使い、対岸に位置する「西友 リヴィンよこすか店」で取り扱うバーベキュー用の生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など約400品目の商品から注文することで、指定された時間に猿島内に設置されたドローン着陸ポートへと配送される。


要冷商品は西友が新たに開発した専用の保冷バッグを使用。

同サービスを利用するには、注文者自身のスマートフォンに「楽天ドローン」アプリをダウンロードし、楽天IDでログイン。アプリ内の約400品目の商品から希望の商品を指定し、提示されるお届け可能時間から受け取り希望時間を選択、「楽天ペイ(オンライン決済)」で支払いを行うと、注文が完了する。配送状況はアプリ上で確認することができ、商品が到着するとアプリのプッシュ通知が届く。

横須賀市では現在、スマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目的とした「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」を推進している。同サービスの提供を通じて、利用者が求める商品層の把握やドローン配送の運用ノウハウを蓄積し、将来的に同市内で地理的な課題を抱える地域における買い物困難者の救済や災害支援へと貢献していくことを目指す。


楽天はドローンの配送実験を過去数回実施

楽天は、2016年にドローン配送ソリューションを提供するサービスを目指して「楽天ドローン」プロジェクトを開始。ドローンを使ったゴルフ場でのデリバリーサービスや、東日本大震災で流通網に被害を受けた区域のひとつ南相馬市小高区への商品配送サービスなど、企業や自治体と連携した実証実験や試験的なサービス提供を通じて実績を重ねてきた。

今年には、中国の大手ECサイトの京東(ジンドン)と合意し、京東のドローンと地上配送ロボット「UGV(Unmanned Ground Vehicle)」を導入している。国内での無人配送ソリューションでは、注文された品物を建物の前までドローンで空輸し、UGVに載せ替えて注文者の部屋まで運搬する、といった連携も視野に入れているという。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム