ヤマハ発のフロント2輪モビリティ「TRITOWN」 公道で初めての実証実験へ 一般参加も可能 11月9日から高山市で

2017年の東京モーターショーに参考出展し、現在開催中の「東京モーターショー2019」では、来場者に向けた体験機会を設けて試乗できるヤマハ発動機のフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ「TRITOWN」(トリタウン)が、いよいよ公道に飛び出す。

ヤマハ発動機株式会社は、岐阜県高山市と協力し、11月9日〜10日(予備日11月16日〜17日)に、岐阜県高山市の高山駅前において同モビリティの初の公道実証実験を行うことを10月30日に発表した。

「TRITOWN」とは
ライダー自身のバランスコントロールによって姿勢制御を行うシンプルな機構で、ラストワンマイルの移動をワクワク楽しい時間にしてくれる、LMW(Leaning Multi Wheel)機構を備えたフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティだ。なお、LMWとは同社の商標で、モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称である。

■【動画】TRITOWN




実証実験の概要

今回の実証実験は、一般の方を対象に高山駅西交流広場を発着場所とした約700mの周回可能な公道を、スタッフ先導のもと「TRITOWN」で体験走行するというものだ。利用者からの意見をもとに、公道走行による実環境との親和性や観光産業への有用性の検証を行う。

実施主体 高山市TRITOWN公道走行実証実験運営協議会
(※国土交通省発行“搭乗型移動支援ロボット認定申請の手引き”の“公道実証実験に関する手続き”に準じて協議会を設置)※会員:岐阜県高山市、ヤマハ発動機株式会社
期間 2019年11月9日(土)〜11月10日(日)
※予備日:2019年11月16日(土)〜11月17日(日)
※天候により乗車できない場合があります
場所 岐阜県高山市高山駅西交流広場発着
(岐阜県高山市昭和町一丁目22-2)
車両/台数 TRITOWN(トリタウン)/ 6台(先導車両を含む)
開催時間 10:00〜15:45
利用料金 無料
所要時間 約45分 (講習時間含む)
参加申込方法 事前に電話予約、または会場にて当日受付
※電話予約: 0538-32-9715
(高山市TRITOWN公道走行実証実験運営協議会 ヤマハ発動機事務局)
参加条件 16歳以上、70歳以下 (原付免許以上必要)
※安全講習を受講いただきます。
※状況により乗車をお断りする場合があります。
※未成年者の参加には、保護者の方の同意を必要とする誓約書へご記入いただきます。
参考URL 高山市ホームページ: http://www.city.takayama.lg.jp



■【動画】TRITOWN参考動画:さあ、TRITOWNでいこう。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム