NVIDIA、自律マシンや完全自動運転向けの「DRIVE AGX Orin」を発表 次世代ソフトウェア デファインドプラットフォーム

NVIDIAは、2019年12月18日(中国蘇州現地時間)、自動運転車両および自律ロボット向けのNVIDIA「DRIVE AGX Orin」を発表した。「Orin」と呼ばれる新しいシステムオンチップ (SoC) がベースとなった、高度で先進的なソフトウェア デファインド プラットフォームだ。

ソフトウェア デファインド プラットフォームとして構築された「DRIVE AGX Orin」は、レベル 2から完全自動運転のレベル 5まで拡張可能な、アーキテクチャの互換性があるプラットフォームを実現するために開発され、自動運転車両やロボットで実行される様々なアプリケーションとディープニューラルネットワークを同時に処理すると同時に、システムが自動車向け機能安全規格(ISO 26262)の中で最も厳しい水準「ASIL-D」を満たすことが出来るように設計がなされている。
また、NVIDIA DRIVE AGX Orin シリーズには、単一のアーキテクチャに基づいた多様な構成があり、自動車メーカーが設定している2022年の製品化を見据えたものとなっている。





Orin SoC とは

170億個のトランジスタを集積し、4年間の研究開発投資によって生まれOrin SoCには、NVIDIA の次世代 GPU アーキテクチャと Arm Hercules CPU コア、更に、ディープラーニング用とコンピューター ビジョン用の新しいアクセラレーターが実装。前世代のXavier SoCの7倍近くの処理能力となる、1秒当たり合計200兆回の演算能力を実現する。
また、OrinとXavierはいずれもオープンなCUDAとTensorRT APIならびにライブラリを通じてプログラムできるため、開発者は複数の製品世代にわたっての活用が可能。これにより、自動車メーカーや関連企業は大規模で複雑なソフトウェア群を開発できるようになる。

今回の発表において、NVIDIA の創業者/CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) 氏と、Navigant Research の主席リサーチ アナリストのサム アブエルサミド (Sam Abuelsamid) 氏は、それぞれ次のように述べている。

NVIDIA 創業者/CEO ジェンスン フアン氏

安全な自動運転車両を作ることは、今の社会で最大のコンピューティング上の課題でしょう。自動運転車両を作るための投資額は指数関数的に膨らんでおり、入り組んだ課題を解決するためには、Orin のようなスケーラブルで、プログラマブルな、ソフトウェア デファインドの AI プラットフォームが欠かせません

Navigant Research 主席リサーチ アナリスト サム アブエルサミド氏

NVIDIA の運輸業界に対する長期の貢献と革新的なエンドツーエンドのプラットフォームとツールは、巨大なエコシステムを生み出しており、自動運転車両に取り組んでいるほぼすべての企業が、コンピュート スタックに NVIDIA を活用しています。Orin は、この改良の絶えないテクノロジ ストーリーの次の重要な章に向けての大きな 1 歩になります


関連サイト
NVIDIA

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム