AI清掃ロボット「Whiz」導入施設の利用券が10万人にあたるキャンペーン実施、Twitter投稿でPaypay残高があたる「Whizを探せ」キャンペーンも

ソフトバンクロボティクスは、ロボット掃除機「Whiz(ウィズ)」を導入している施設などで使用できる利用券などを抽選でプレゼントする「隠れダスト対策施設の利用券10万人に当たるキャンペーン!」を、2020年2月3日から実施することを発表した。また、Whizが稼働中の写真を撮って、Twitterにハッシュタグを付けて投稿すると抽選で1000円のPaypay残高が当たる「Whizを探せキャンペーン」も実施する。

画像は公式サイトより引用

また、このキャンペーンに合わせて、女優の広瀬すずさんを起用した「Whiz」(ウィズ)のテレビCMを発表。詳細は「広瀬すずが「広瀬ウィズ」に改名!? ロボット掃除機 Whiz、Pepper、SpotとCMで共演」で紹介している。

キャンペーンでは「隠れダスト対策部長」に就任した広瀬すずさん(右)。左はソフトバンクロボティクスグループ株式会社 代表取締役 兼 CEOの冨澤文秀氏

さらに同キャンペーン中には、施設内で清掃している「Whiz」の写真を撮影し、Twitterに「#Whiz」を付けてにツイートすると、抽選で1,000人にPayPayギフトカード1,000円分が当たる「“Whizを探せ”キャンペーン」も本日から開始する。(PayPayボーナスは出金・譲渡できない、当選者自身が買い物等で使える)。


Whizを導入している「隠れダスト対策施設」の利用券プレゼント

「隠れダスト対策施設の利用券10万人に当たるキャンペーン!」では、「Whiz」を導入して清掃または清掃予定のホテルやレジャー施設などを「隠れダスト対策施設」とし、ホームページから応募したユーザーの中から抽選で合計10万人に、「隠れダスト対策施設」で利用できる宿泊券や利用券をプレゼント。


キャンペーン期間中、毎月抽選を実施し、ユーザーは毎月応募することができる。キャンペーン期間は2020年2月3日~6月30日まで。


キャンペーンに参加するには、公式サイト内の隠れダスト対策施設のカテゴリーから施設を選択して応募する。第一回の応募期間は2020年2月3日〜2月29日まで。(期間中、毎月実施して合計10万人に当たる)



“Whizを探せ”キャンペーン

さらに、施設内で清掃している「Whiz」の写真を撮影し、「#WhizCP」を付けてツイートした人の中から抽選で1,000人に、1,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「“Whizを探せ”キャンペーン」も本日から開始。



Twitterアカウント「@sbr_corp」をフォローし、Whizが稼働している写真を撮り、ハッシュタグ「#WhizCP」をつけてツイート。



キャンペーン期間終了後、ランダムで抽選を行い、1,000名にPayPayギフトカード1,000円分がプレゼントされる。



「隠れダスト対策施設の利用券10万人に当たるキャンペーン!」と「“Whizを探せ”キャンペーン」はどちらとも本日から6月30日まで実施。その他詳細は公式サイトより確認できる。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム