ベネッセ「進研ゼミ 中学講座」の学習専⽤タブレットに「Clova」搭載決定 個人のサポートを行う⾃宅学習向け専⽤スキルを搭載

ベネッセコーポレーションの進研ゼミ 中学講座「ハイブリッドスタイル」で会員向けに提供している学習専⽤タブレットに、AIアシスタント「Clova」が搭載される。LINEが発表した。

「Clova」搭載することにより、⾳声操作によるサポートが可能。⼀⼈ひとりの勉強意欲や悩みに応じた今取り組むべき問題や解決のヒントを随時導く、きめ細やかな学習サポートを⾏える。サポートは2020年4⽉号(3⽉20⽇配信)より開始。



中学⽣の⾃宅学習向け専⽤スキルを搭載

「Clova」は、LINEが開発したAIアシスタント。話しかけることで、ニュースや天気などの情報を知ることができるほか、「LINE MUSIC」と連携した楽曲再⽣や、「LINE」と連携したメッセージ送受信・無料通話を楽しむことができる。

「進研ゼミ」では、⼦どもたちの発達段階に合わせて、家庭学習に継続して取り組みやすいような商品・サービスを提供している。「進研ゼミ中学講座」では、紙テキストを中⼼に学習する「オリジナルスタイル」と、タブレットを中⼼に学習する「ハイブリッドスタイル」の2つの学習スタイルから選択できる。「ハイブリッドスタイル」では、専⽤タブレットで⼀⼈ひとりの⽬標や理解度に合ったプランで学習でき、学校の授業対策から受験対策まで⼒を伸ばすことができる。

ベネッセの専⽤タブレットのClovaは「学習アドバイス」や「⾼校検索」など、中学⽣の⾃宅学習向け専⽤スキルを搭載。「集中できる⽅法が知りたい」「定期テストの上⼿な勉強法を知りたい」といった中学⽣の悩みに応じて、「進研ゼミと学校の宿題を両⽴した先輩のやり⽅」や「進研ゼミの先輩のおすすめ勉強法や専⾨家のアドバイス」を提案するなど、ニーズに応じた「学習アドバイス」を行う。



これにより、例えば「学校の部活が忙しすぎる」と話しかけると、全てのレッスンを消化するのではなく、⽬標学習数の調整を提案し、継続的な勉強が出来るようにアドバイスを⾏う「⾃動計画⾒直し機能」をレコメンドするなど、まるで家庭教師がついているかのような、⼀⼈ひとりの勉強意欲に沿った学習サポートを⾏うことが可能。

「⾼校検索」機能では、⾼校の偏差値や⼊試の傾向を知ることができる進研ゼミ内の「⾼校⼊試情報サイト」とリンクしているため、「東京にはどんな⾼校があるの?」「⼊試問題ってどんな感じなの?」といった疑問を解決するページへの遷移を促すなど、即時的にサポートする。

また、LINE MUSICと連携した楽曲再⽣や単語の意味調べなど、中学⽣活を充実させるスキルを搭載。「何部に⼊ろうか迷っている」「●●(単語)ってどんな意味だっけ︖」といった中学⽣ならではの悩みに対して、「部活」に役⽴つ情報を閲覧出来る進研ゼミ特設ページを提案したり、AIアシスタント「Clova」を通じて単語の意味調べができる。クラスや友達の間で流⾏っている⾳楽も「LINE MUSIC」のチケットを購⼊して「○○かけて」と話しかけることで、LINE MUSICに登録されている約5,900万曲の中から⾳楽を楽しめる。

LINE社は「Clova」による体験が⽣活の中でシームレスにつながり、暮らしをより便利にすることを⽬指し、スマートスピーカーというハードウェアにとどまらず、今後も外部パートナーとの連携を積極的に検討していくとしている。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム