「かながわロボタウン」で物流支援ロボットや歩行支援ロボットの提供サービス実験 さがみロボット産業特区

神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指している。また、ロボットが社会に溶け込み、いのちや生活を支えるパートナーとして活躍する「ロボットと共生する社会」の実現に向けた取組も推進している。
これらの実現に向け、県内最大規模のショッピングモールでの物流支援ロボット「CarriRo」公開トライアルの実施と、伊勢原市大山の阿夫利神社参拝道にて、歩行支援ロボット「Curara」を観光客に提供するサービス実証を実施することを2020年2月に発表した。



【実証実験】生活動作支援ロボティックウェア curara

県が「重点プロジェクト」として支援している「生活動作支援ロボティックウェアcurara」(AssistMotion株式会社)とは、歩行支援ロボットだ。各関節の動きをセンサ ーが検知し、動作を支援する。 軽量で拘束感が少なく、様々な動作を補助することができ、将来的には、階段等の段差が多い観光地での利用などが期待されている。

【動画】About curara



実証実験概要
日時等 令和2年2月22日(土)12:30~15:00、令和2年2月24日(月・休日)9:00~15:00 、令和2年2月27日(木)9:00~15:00、令和2年3月3日(火)9:00~15:00、令和2年3月7日(土)9:00~15:00、令和2年3月9日(月)9:00~15:00、令和2年3月13日(金)9:00~12:00
※最終受付は、各日終了時刻の1時間前。 ※天候・災害等の理由により、中止となる場合あり。 ※実証実験は公開されており、見学が可能。
場所 大山こま参道 和仲荘から大山ケーブル駅(山麓駅)まで【受付場所】和仲荘(伊勢原市大山 580)
内容 大山登山に訪れた観光客等に歩行支援ロボット「curara」を装着して、大山こま参 道(上り)の歩行を体験。観光地等におけるロボットの実用化に向けた検証を行う。
体験方法詳細 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/prs/documents/isehara2020.pdf
対象 身長約150cm~180cmで、中肉中背の方が望ましい。
※自力での立位ができず、自力による独歩が困難な方、膝痛・股関節痛・心疾患等、健康 状態に不安がある方はご遠慮願います。




【トライアル】電動、追従で荷物を運搬する物流支援ロボットCarriRo

CarriRoは、搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として株式会社ZMP が開発に取り組む自動タクシーのサービス実証等で培った自動運転技術を応用して開発された、台車型物流支援ロボットだ。販売開始から累計140ユーザー以上の導入実績があり、物流拠点や工場に加え、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっている。

【動画】新モデル!物流支援ロボットCarriRo AD+(プラス)コンセプト動画



トライアル概要
日程等 令和2年2月15日(土)から3月14日(土)までを予定
※実証実験は公開されており、見学が可能。
場所 テラスモール湘南(藤沢市辻堂神台1丁目3-1)
内容 CarriRoの「操作者に負荷なく搬送が可能なドライブモード」と、「人や台車に付けたビーコンに反応し、自動で追従するカルガモモード」を活用することにより、商業施設における館内配送時の作業効率の向上と作業負荷軽減などを試す。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム