ロボットスタートが目黒から渋谷に移転「さらなる事業拡大を目指す」

ロボットスタート株式会社は事業拡大に伴う従業員の増加と業務効率化を目的に、本社を現在の東京都目黒区から東京都渋谷区へ移転することを発表した。

新オフィスには渋谷駅徒歩6分、神泉駅徒歩4分圏内の渋谷最大級のコワーキングスペース「WORK COURT 渋谷松濤」を採用。新本社オフィスでの業務は2020年3月2日より開始する。

[新オフィスの概要]
・業務開始日
2020年3月2日(月)

・住所
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-28-2 「WORK COURT 渋谷松濤」

・最寄り駅
「渋谷駅」駅 徒歩6分(JR、東急田園都市線、東京メトロ各線)

「神泉駅」駅 徒歩4分(京王井の頭線)

・アクセス
渋谷駅A2出口から文化村通りでBunkamura方面へ。

(OpenStreetMap and contributors、地図はCC BY-SA としてライセンス)


新オフィスの様子

ロボットスタートは移転前より、働くスタッフにとっても来訪するお客様にとっても親しみのわく居心地の良いオフィス空間「カフェで仕事をしよう!!」をコンセプトにオフィス設計をしていた。今回はそのコンセプトをさらに一歩進めたオフィス空間とした。

■ビル外観〜エントランス



ビル内は有人受付、セキュリティカードによる入退室管理、防犯カメラ、夜間警備などセキュリティ面が充実。


■執務スペース



コワーキングスペースの活用により、スタッフは仕事の内容・気分・時間にあわせて自由に多彩多様なフロア(地下1Fから9Fまで)の中から好きな席を選んで仕事をすることができる。各フロアにはフリードリンクコーナーが充実しており、近日中には入居者専用のカフェテリアもオープン予定となっている。

■ミーティングルーム



複数の会議室やイベント用スペースなども完備。いままで社内で難しかった大規模なイベント開催にも対応した。

ロボットスタートは今後もより一層、音声広告市場、ロボット業界の発展に貢献すべく、さらなる事業拡大を目指していく。


関連サイト
WORK COURT 渋谷松濤

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム