イノフィスのマッスルスーツの累計出荷台数が1万台を突破 重量物を抱える動作を人工筋肉で補助する装着型アシストスーツ

株式会社イノフィスは同社が開発・販売するマッスルスーツが、2020年3月2日時点で累計出荷台数1万台を突破したことを発表した。同社によると、人工筋肉をアクチュエーターとした外骨格型アシストスーツでは世界一の出荷台数となる。

マッスルスーツは、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで動作を補助する装着型アシストスーツ。人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つ、といった作業時に腰の負担を低減する効果を発揮。労働環境改善や人手不足対策に貢献している。


同社は2014年より「腰補助用マッスルスーツ」の販売を始めて以来、「機能はそのまま、より軽量に、より低価格に」を追求し続け、毎年新モデルを開発してきた。そして2019年11月、さらなる軽量化と、量産化による大幅な低価格化を実現した「マッスルスーツEvery(エブリィ)」を発売。

従来機種では主に法人向けに受注生産の体制を取っていたが、量産化に成功したマッスルスーツEveryは、家庭でも購入可能な15万円以下の税込み価格を実現。ビックカメラをはじめとする販売網の拡充とテレビコマーシャル等のプロモーション活動によって個人ユーザーへの認知拡大を図り、マッスルスーツEvery販売開始から4か月余りで累計出荷台数1万台を突破した(初代機種からの累計出荷台数)。

同社は今後、国内での更なる販売拡大のみならず、海外での積極的な市場開拓を実施してくとしている。

関連サイト
株式会社イノフィス

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム