ディープラーニング対応のIoTエッジコンピューティングAIカメラをパナソニックが提供開始 Vieurekaプラットフォーム

パナソニックは映像を「ディープラーニング」等でAI処理し、「IoTエッジコンピューティング」を実現する「Vieurekaプラットフォーム」対応カメラの新機種「VRK-C301」の提供を開始することを発表した。

パナソニックのVieureka (ビューレカ)プラットフォームは、多様なアプリケーションをインストールできるIoTカメラを用いて、さまざまな映像データを手軽に収集、分析、活用できるプラットフォームのこと。同社はVieurekaパートナープログラムに参加しているパートナー企業と共に様々なアプリケーション開発に着手しており、順次展開していく予定。


顧客行動分析や不良品検出などにも対応できるように

近年では高精度の人物属性推定や動作検出などの複雑な画像解析技術の利用ニーズが高まり、ハードウェアの高性能化の需要が高まっている。

「VRK-C301」は高性能CPUなどを搭載したことにより、店舗の商品棚前での顧客行動分析や製造ラインでの不良品検出など、従来よりさらに多様なアプリケーションに対応する。また、汎用プログラミング言語「Python」に対応し、アプリケーション開発が容易になった。


「AWS IoT Greengrass」、及び「Amazon SageMaker Neo」を搭載

同製品はアマゾン ウェブ サービス社(AWS社)のAWSデバイス認定プログラムで認定されている。Vieurekaパートナーは既にパナソニックから提供されているソフトウェア開発環境(SDK)のフレームワークに加え、AWS IoT Greengrassのフレームワークを利用してVRK-C301で動作するアプリケーションを開発できる。

■VRK-C301の仕様
カメラ: 920×1080(1080p)30 fps(最大)
レンズ: 広角モデル:対角125°、望遠モデル:対角64°
CPU: 6コア
夜間照明: Ir-LED内蔵
Ethernet: 10BASE-T/100BASE-TX
USB: USB3.0 Type-A
SDカード: micro SDHC対応
電源入力: PoE給電(IEEE802.3at準拠)またはDC5 V/最大3.2 A(16 W)(φ5.5/2.1 mm)
幅×高さ×厚み:87×87×35.6 mm(突起部除く)
質量: 260g
画像ローテーション機能対応: 〇
Python対応: 〇
AWS IoT Greengrass対応: 〇


ローコストでカメラ認識システムを構築

IPカメラの画像認識機能はハードウェアやファームウェアとして実装されているため、実現できる機能が限られている。また、パソコンによる画像認識機能はコスト高になるという課題がある。

Vieureka(ビューレカ)プラットフォームは、クラウドからIPカメラ内に搭載された画像認識機能を容易に入れ替えることができ、制御や動作状況の監視を可能にする。データには外出先のスマートフォンからでもアクセスが可能。また、用途に合わせてIPカメラの機能をカスタマイズすることで、店舗でのマーケティングや工場での従業員の行動管理など、様々なシステム構築を実現できる。


Vieurekaプラットフォームイメージ

Vieurekaプラットフォームはカメラ内で画像認識を行い、データ量が数十バイトから数百バイトと小さい認識結果のみをクラウドに送るため、ネットワークのトラフィックやクラウドの処理の負荷を増大させることなく、カメラの設置台数を増やすことができる。クラウド上の認識結果は、目的に応じて集計・分析・可視化(グラフ表示など)できる。


■Vieurekaプラットフォーム コンセプト


関連サイト
Vieureka 公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム