マーカーに従ってドローンが自律飛行 開発元Spiralが資金調達を実施 年内のサービスリリースを目指す

屋内に特化したドローン自律飛行システム「MarkFlex Air」を開発する株式会社 Spiralは、シードラウンドにてテックアクセル1号投資事業有限責任組合(合同会社テックアクセルベンチャーズ)、Miraise1号投資事業有限責任組合(MIRAISE LLC)、および静岡キャピタル株式会社を引受先とする資金調達を実施したことを発表した。
同社のシステムは三次元コードの指示に従ってドローンが自律飛行。トンネル工事や記録写真が必要な作業等のユースケースを想定している。


マーカーに従ってドローンが自律飛行「MarkFlex Air」

Spiralが開発提供する「MarkFlex Air:MFA」は、屋内などのGPSが届かない環境でも独自の特許技術によるマーカーを用いることでドローンの自律飛行を可能にするシステム。


多くの機体に後付が可能で、導入コストを削減できるだけでなく、現場で簡単に飛行ルートを変更できる。活用例は土木現場での点検監視や室内建築現場での進歩管理など。



■活用例(同社ホームページから引用)
トンネル工事の事例
トンネル工事における非GPS環境下での安全・簡単・安価なドローン自律飛行により、省人化と効率化を実現します。既存のセンサーとデータ分析アプリケーションをつなぐ「確実にセンサー/カメラを運ぶ機能」を果たすことで、定期巡回などの作業工数を減らし、現場人材の効率的な活用と漏れのない現場データ蓄積を可能にします。

記録撮影の事例
建築現場における非GPS環境下での安全・簡単・安価なドローン自律飛行により、今まで取得できなかった現場の経時的記録を実現します。現場の空き空間である頭上を作業時間外に自動的に飛行することで、現場での工数や作業に影響を与えずにきめ細かく漏れや死角のない現場状況の記録を可能にします。





資金調達でシステム開発の加速と開発体制の強化

今回の資金調達では、今後エンジニアを中心に人材採用と陣容拡大を行い、開発拠点(東京都葛飾区)の整備を進めるとともに、ユーザー各社の現場要求を満たすシステム開発の加速と開発体制の強化を行う。今回の資金を活用して、Spiralは「屋内の自律飛行ドローンの導入を検討している現場技術者の救世主となる」というミッションの実現へ加速していく。

■今後の展開(プレスリリースから引用)
今回の資金調達により、以下のプロダクト開発とビジネス開発の両面を進めてまいります。
1. 建築/土木領域において活用できる非 GP㻿 環境におけるドローン自律飛行技術の開発加速
2. ユーザー各社の現場における実証実験(PoC)および共同開発の推進
3. システムインテグレーター、センシングおよび光学系などを中心としたソリューションパートナー企業の開拓とアライアンス構築


Spiral代表取締役CEO 石川 知寛氏は以下のようにコメントしている。

■Spiral 代表取締役 CEO 石川 知寛氏
創業から3年経ち、「ドローンは、大空のもとで使用!」という風潮に変化を感じています。建築、土木、物流、商業施設など、今後益々増えていく「屋内ドローン」の需要に応えるべく、開発を加速させて年内のサービスリリースを目指します。合同会社テックアクセルベンチャーズ、合同会社MIRAISEおよび静岡キャピタル株式会社から出資いただいた資金を最大限に活用し、MFAの製品化において最重要課題である制御モジュールの小型化に注力します。さらに今後は、シンガポール、ドバイ、ルクセンブルク、フランスなど海外展開も視野に入れ、国内外からエンジニアを積極的に採用し、グローバルチームの構築を強化します。世界中の屋内現場で効率化・省人化を実現する「飛行ロボット」の普及を目指して、Spiralは開拓に取り組みます

Spiralでは、エンジニア(ロボット制御、組み込み制御、コンピュータビジョン、アプリ開発、セールスエンジニアなど)を募集している。興味のある人は以下のリンクから詳細を確認できる。

関連サイト
採用情報


引受先各社からのコメント

以下は、引受先各社からのコメント。(プレスリリースから引用)

合同会社テックアクセルベンチャーズ 投資パートナー 大場 正利 氏
テックアクセルベンチャーズは、Spiralのマーカーによる非GPS環境下でのドローン飛行制御と基礎技術を高く評価し、自律飛行が求められる非SLAM屋内型ドローンソリューションによる市場・産業への貢献を期待して出資をしました。Spiralの事業に向き合う情熱とチャレンジ精神に共感し、今後さまざまな現場での実証実験などを通じて、事業の発展と展開を楽しみにしております。

合同会社 MIRAISE Partner & CEO 岩田 真一 氏
「Technology as Enabler」―これはMIRAISE(ミレイズ)が出資する際の最重要ポイントです。制御工学のスペシャリストで起業家である石川さん率いるSpiral社は技術に溺れることなく、あくまでも顧客目線に立ち、自分たちの技術を使って安価で実用的なソリューション開発に徹底的に拘っています。Spiralはドローンを作らないドローンの会社。顧客のニーズを汲み取り、GPSの使えない屋内において、ドローン機体に依存しない完全自動運転の制御システムを作っています。Spiralのエンジニアチームが生み出すソリューションによって、これまで膨大な時間を要し、時に危険を伴う点検などの作業が自動化されます。建築分野を始め、今後幅広い分野に活用されることを期待しています。

静岡キャピタル株式会社 代表取締役社長 水谷 林蔵 氏
Spiral社は、飛行指示とフェイルセーフ指示を書き込んだマーカーをドローン搭載カメラで読み取り、無線などの通信に依存せずに自律飛行をする仕組みを特許化しており、近い将来のユーザー候補群と実証実験を重ねています。さまざまな業界が慢性的な人手不足のなか、このコア技術によって、これまでヒトが担ってきた単純作業のプロセスの一部が機械化・自動化され、現場の生産性が飛躍的に向上することを期待するとともに、広く社会実装されていくことを楽しみにしています。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム