ロボホン「遠隔接客サービス」でフロントデスク無人化、非対面で受付 ホテル業界に提供 先着順で「RoBoHoN」の無償提供も

株式会社bnb plusとシャープ株式会社はbnb plusが運営するホステル「bnb+ 虎ノ門店」において、シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN」(ロボホン)を活用した接客サービスの提供を2020年6月1日より開始することを発表した。

同サービスはシャープが新たに開発したロボホンによる「遠隔接客ソリューション」を活用する。「bnb+ 虎ノ門店」の無人のフロントデスクにロボホンを設置。ロボホンに搭載したカメラがお客を検知すると、あらかじめ設定した「おもてなし」メッセージを発話する。スタッフは離れた場所にある事務所の中で、スマートフォンやタブレット端末を用いてお客の映像や音声を確認。お客の名前の確認や問いかけたい内容、質問への回答などをスマートフォンやタブレット端末に文字で入力すると、ロボホンがスタッフに代わって発話する。お客は、ロボホンを通じてチェックイン・アウトやスタッフへの相談などをすることができる。


遠隔接客ソリューション イメージ

新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、接客距離の確保や接客時間の短縮が求められる中、bnb plusとシャープは新たな接客スタイルを提案していく。

株式会社bnb plusは2018年1月に創業したホステルオペレーター。東京・大阪を中心に、現在20店舗を運営しており、2020年末までに新たに10店舗の出店を計画している。自社開発の宿泊予約施設管理システム「bnb+ 顔パス」は、顔認証システムを活用し、チェックイン・アウトなどのスタッフ業務の効率化を実現。今後は、「bnb+ 顔パス」とロボホンを連携し、新たな接客スタイルの構築を目指す。


先着順で「遠隔接客ソリューション」をインストールしたロボホンを無料貸し出し

シャープは受付などの接客業務においてロボット/ICT 技術の導入を検討している法人を対象に、ロボホンを活用した遠隔接客に関するオンライン相談を5月20日より開始。オンライン相談を実施した法人には「遠隔接客ソリューション」をインストールしたロボホンを無料で貸し出す。

ロボホンには台数に限りがあるため、貸し出しは先着順となる。期間は2週間を目途に、1法人1体。

■問い合わせ先(プレスリリースから引用)
シャープ株式会社 ロボホン法人受付事務局 宛
〒135-0061 東京都江東区豊洲 5-6-15 NBF 豊洲ガーデンフロント
biz-robohon@sharp.co.jp

上記メールアドレスに、企業名/部署名/ご担当者様のお名前/電話番号/メールアドレス/オンライン相談ご希望の日時(第 3 希望まで)をご記入の上、ご連絡ください。
(土日祝日、当社所定休業日にいただいたメールは、翌営業日以降の返信となります)

関連記事
RoBoHoN関連記事

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム