最先端3Dホログラムディスプレイは店頭で抜群の集客力!裸眼で認識できる「HYPERVSN(ハイパービジョン)」特設サイトオープン

裸眼で知覚でき、視聴者の興味関心を引き出すインパクト抜群の3D映像は、誘導を促したいエリアへの集客が期待でき、新たな売上機会の創出にも役立つだろう。

海外デジタル製品の輸入販売・レンタルを行う株式会社グローバルアライアンスは、2020年6月9日、世界でも最先端技術を使用した3Dホログラムディスプレイ「HYPERVSN(ハイパービジョン)」の特設サイトをオープンした。今回オープンした特設サイトでは、同ディスプレイやオプション製品の紹介の他、製品の利用シーンをイメージ出来る「設置シミュレーションプログラム」を利用できる。
なお、 同社は、イギリスロンドンにある製造メーカーKino-mo社から認定を受けたHYPERVSN国内正規代理店となっている。





3Dホログラムディスプレイ「HYPERVSN(ハイパービジョン)」とは

HYPERVSNは、裸眼でも知覚できる美しい3D映像を表示するだけではなく「3D映像の作成・投影管理」までを⼀括で行うことが出来る最先端ビジュアルソリューションディスプレイだ。ここで言う3Dホログラムとは、写真などの映像データを、特殊なディスプレイやレンズ、プロジェクター等を用いる事であたかも実物が目の前にあるかのような立体映像を映し出す技術をさしている。同ディスプレイで投影される映像は、まるで空中に浮かんでいるような錯覚を引き起こし、より強い印象を視聴者に与える。


本体1台で直径56㎝または75㎝の映像を投影する事ができる。本体ブレード(4本の羽)についているLEDが発光・回転することで3D映像を生成。複数の本体を連動させることで、大画面サイズやオリジナル形状の投影も可能だ。



3D映像は専用のプラットフォーム(クラウドベース)によって管理され、映像の作成や投影スケジュール管理、複数の場所で投影する際の一括管理などを可能にした。また、プラットフォームは各デバイス(PCやスマホ、タブレット)にて簡単に管理できる。


▼ 参考レンタル価格

製品名 HYPERVSN 56Ver.
期間 1週間(1台)
定価 100,000円(税別)→会員特別価格 50,000円(税別)
※オプション料金・諸経費別
【想定される利用シーン】
​・イベント ・展示会 ・ショールーム・小売店/飲食店・ホテル・ショッピングモール・アミューズメント施設 ・その他各種店頭
HYPERVSN特設サイト:https://3ddisplay.jp/

■【動画】Hypervsn Wall – Projects 3D Holographic Effect(英語)

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム