栄養士からのアドバイスや必要な栄養素が分かるAlexaスキル 大塚製薬公式「サプリメントチェック」を アイリッジ「NOID」で開発

株式会社アイリッジはAlexaスキル開発運用クラウド「NOID」(ノイド)を活用し、大塚製薬株式会社の公式Alexaスキル「サプリメントチェック」を開発支援したことを発表した。

「サプリメントチェック」は大塚製薬ネイチャーメイドが提供するWebアプリ「サプリメントチェック」の一部機能をAlexaスキル版として提供するもの。Alexa対応デバイスに「アレクサ、サプリメントチェックを開いて」と話しかけ、食習慣と生活習慣についての簡単な質問に答えることで、管理栄養士からのアドバイスや全22種類の栄養素からいま必要なものを提案してくれる。

今後は、食習慣・生活習慣だけでなく日々の食事メニューをAlexaに呼びかけると適切なアドバイスをするなど、消費者にとって近い存在となるようサービス改善拡張に取り組んでいくとしている。


プログラミング不要で簡単にAlexaスキルが作れる「NOID」(ノイド)

「NOID」はアイリッジが提供する、プログラミング不要で簡単にAlexaスキルが作れるクラウドサービス。WebブラウザからNOID管理画面にアクセスし、画面に従って「ユーザーのどんな呼びかけに対して」(input)「音声アシスタントに何をさせるか」(output)をマウス操作あるいはテキスト入力していくだけで、スキルの制作からストア公開まで直感的にワンストップで行うことが可能。自分用のスキルを作りたい個人ユーザーから商用にスキル開発を行いたいプロクリエイターや法人まで幅広く利用できる。


「NOID」開発イメージ(「NOID」操作画面デモンストレーション動画からキャプチャ)

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム