わずか8グラム ASUSがAIを使ったノイズキャンセル・マイクアダプタを発表 周囲の音楽やキー打鍵音も除去して音声だけクリアに

ASUS JAPAN株式会社は、AIノイズキャンセリング技術によるノイズ除去強化でクリアな音声コミュニケーションを可能にする「AI Noise-Canceling Mic Adapter」を2020年8月7日(金)より販売を開始することを発表した。
この商品はAI機能を強化したプロファイル搭載のプロセッサーにより、5,000万種類以上のバックグラウンドノイズを低減しながら、ボーカルの高調波を保持することができる。
これにより、どんな環境でもクリアな音声コミュニケーションを楽しむことができるのだという。
使用方法はUSB-type Cコネクタに接続し、3.5mmヘッドフォンジャック対応のマイクやヘッドセットにつなぐというもの。(USB-typeCからtype Aへの変換コネクタも同梱)ノートPC、ゲーム機、スマートフォンなどでの使用を想定しているという。

製品名 AI Noise-Canceling Mic Adapter
サンプルレート 出力(96/88.2/48/44.1 KHz)、入力(48/44.1 KHz)
コネクタ USB-C (Type-A変換アダプタ付属)
対応プラットフォーム PC、MAC、携帯電話、ゲーム機
サイズ 1.8 x 0.8 x 13.5 cm 8 g
価格 オープン価格
予定発売日 2020年8月7日(金)
製品ページ https://www.asus.com/jp/Headphones-Headsets/AI-Noise-Canceling-Mic-Adapter/




製品の特長

この製品の特徴はやはり、わずか8グラムというコンパクトなデザインの中に組み込まれたAI機能搭載のプロセッサだろう。
ノイズキャンセリングイヤフォンなどは最近は一般的になっているが、これらは外からの騒音を集音し、反位相の音を「クリアな音源」に負荷することで騒音をキャンセルする。
いわば、「クリアな音源」が何か、をわかっている「聴くための機器」の技術だ。

それに対して、今回のようなマイクへのノイズキャンセルはやや難しい処理が必要になってくる。
一般的なのはQualcommが発表しているcVc(クリアボイスキャプチャ)テクノロジーだろう。
この技術はイコライザの処理や、非線形デジタルフィルタなどを用いたノイズ低減の方法を用いており、音声と雑音のモデルを推定する必要が無いことから、回路規模が比較的小さなチップでも対応ができるものだ。
しかし、今回のASUSのモデルでは、「AIを用いて5,000万種類以上のバックグラウンドノイズを低減」とあることから、そういったざっくりとしたノイズ低減とは根本的に異なる方式と考えたほうが良いだろう。

中音域以外でも高調波を維持しているグラフ。それでいてマウスやキーボードの音などは95%カットしているのだという。

実際にサンプルを聞いてみたところ、やや独特な音の響きが感じられたものの、非常に聞き取りやすい音声になっていることから、「ボーカルの高調波を保持することで、どんな環境でもクリアな音声コミュニケーションを楽しむことができます。」というのも信頼できそうだ。

また、「96kHz/24ビットDACには、ASUS独自のハイパー・グラウンディング技術が採用されており、マルチレイヤーPCBと特殊なレイアウト設計により電磁干渉を防ぎ、EMIノイズ抑えたピュアなオーディオを提供します。」とあり、様々な機種に対する互換性の表に音楽再生のチェックマークがついていることから、ちょっとしたヘッドフォンアンプの前段に挿して使うことも出来るかもしれない。
これから先、ビデオ通話、会議などが一般化し、様々なシーンでの応答が求められることを考えると、充電用USBケーブルなどを入れるポーチに忍ばせておいてもよいのではないかと思わせる一品だ。
売り場などで体験できるのが楽しみだ。

なお、USB type-C搭載ではあるが、Nintendo SwitchはUSB-Cヘッドフォンの通信機能をサポートしていないので、この製品を使用することはできないので、注意したほうがいいだろう。


AI Noise-Canceling Mic Adapter 主な特長
(プレスリリースより)

・AIノイズキャンセリング技術
AI機能を強化したプロファイル搭載のプロセッサーが、5,000万種類以上のバックグラウンドノイズを低減しながら、ボーカルの高調波を保持することで、どんな環境でもクリアな音声コミュニケーションを楽しむことができます。

・パフォーマンスの最大化
マイクを搭載してる任意の3.5 mmのヘッドセットで動作します。最適な方法は単一指向性マイクを搭載したヘッドセットとノートパソコンを組み合わせることです。

・組込みチップセット
AI技術に電力を供給するチップセットは、アダプタ自体に搭載しているため、接続先のPCやラップトップのパフォーマンスに影響を与えることはありません。どのデバイスにもプラグインするだけで、クリアなコミュニケーションが可能となります。

・ピュアな音質
96kHz/24ビットDACには、ASUS独自のハイパー・グラウンディング技術が採用されており、マルチレイヤーPCBと特殊なレイアウト設計により電磁干渉を防ぎ、EMIノイズ抑えたピュアなオーディオを提供します。

・小型軽量デザイン
わずか8グラムの重さでポケットに入れて持ち運びもできるコンパクトサイズで、どこに行ってもクリアなコミュニケーションを可能にします。

・幅広い互換性
携帯電話やゲーム機との互換性を確保するためにUSB-Cコネクタを採用しています。また、USB Type-C to Aアダプターも付属しているため、家庭ゲーム機やPCとの接続も可能です。

ABOUT THE AUTHOR / 

梅田 正人
梅田 正人

大手電機メーカーで生産技術系エンジニアとして勤務後、メディアアーティストのもとでアシスタントワークを続け、プロダクトデザイナーとして独立。その後、アビダルマ株式会社にてデザイナー、コミュニティマネージャー、コンサルタントとして勤務。 ソフトバンクロボティクスでのPepper事業立ち上げ時からコミュニティマネジメント業務のサポートに携わる。今後は活動の範囲をIoT分野にも広げていくにあたりロボットスタートの業務にも合流する。

PR

連載・コラム