【動画追加】初音ミク「千本桜」と中村獅童さんら「義経千本桜」の融合 超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜』が「ニコニコネット超会議2020夏」で公開

「みんなーっ、コメント待ってるぞーっ。もっともっとー、モニター見えてるぞー」
会場は無観客だが、登場した中村獅童さんの呼びかけに、ネットのコメント欄は「おおおおおおお」と呼応。「万屋」「電話屋」「初音屋」「紀伊国屋」と掛け声が画面上に飛び交った。また「超歌舞伎はじめて見た」「かっこよすぎる」「カメラワークがすごい」など、膨大なコメントが寄せられた。

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

また、初音ミクの「千本桜」が流れ、獅童さんが視聴者に呼び掛けるクライマックスに入ると、大向こうやギフト数が跳ねあがり、110万ptを超えた。

「伝統芸能」×「niconico」×「最新技術」が融合した舞台で、多くの視聴者を魅了した。2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

最高のシーンのひとつ、獅童さん扮する青龍とミク姫の対決 2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

終演後の舞台あいさつでは「ありがとー」「最高でした」「素晴らしかった」「来年はリアルで見たい」といったコメントが飛び交った。

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

このページの下部に2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』ダイジェスト動画を掲載しました。


イベント全体のネット総来場者1,770万人超

なお、イベント「ニコニコ超会議」全体としては初の年2回開催となり、超特別協賛のNTTをはじめとして計28社の企業が参画。8月9日(日)~16日(日)の8日間にわたった「ニコニコネット超会議2020夏」では配信されたニコニコ生放送の公式番組は196番組にのぼり、ユーザー発案の企画は160以上集まった。ネット会場から生放送を視聴した「ネット総来場者数」は1,773万8,806人となった。(4月開催「ニコニコネット超会議2020」のネット総来場者数は1,638万1,426人)。




夏目ミクと中村獅童さんらが競演した特別な千本桜

日本最大のネットの夏祭り「ニコニコネット超会議2020夏」で中村獅童さんらの超歌舞伎と夏目ミクが競演する『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(はなくらべせんぼんざくら)超歌舞伎 Supported by NTT が全編無料で生中継された。

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

「伝統芸能」×「niconico」×「最新技術」が融合した舞台で、多くの視聴者を魅了した。2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

放送されたのは「ニコニコネット超会議2020夏」の最終日となる8月16日(日)の19時から。
今回の『夏祭版 今昔饗宴千本桜』ではオンライン公演の特性を生かし、歌舞伎を”観る”のではなく”参加”する感覚を実際にカメラがステージに上がる演出により実現。中村獅童さんと同じ歌舞伎の舞台に立ち、”斬りつけられる”感覚になるような目線の映像などが配信された。


義経千本桜と千本桜の世界観が融合した『今昔饗宴千本桜』

『今昔饗宴千本桜』(こんじゃくはなくらべせんぼんざくら)は平安時代を舞台に古典歌舞伎を代表する名作のひとつである「義経千本桜」(よしつねせんぼんざくら)、そして初音ミクの代表曲で、いまや国民的な楽曲といっても過言ではない「千本桜」のそれぞれの世界観をもとにして生まれたもの。

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

「伝統芸能」×「niconico」×「最新技術」が融合したニコニコ超会議の大型企画の一つ「超歌舞伎 Supported by NTT」。2016年に初開催され、今年で5回目を迎える。2020年も4月の開催をファンは待ちに待っていたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受けて中止となってしまった。そこで、ニコニコ超会議初の夏開催に合わせ、超歌舞伎の再度の講演実施が決定したという経緯がある。

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)


電話屋の「分身の術」も登場

超歌舞伎では「電話屋」としておなじみのNTTの超高臨場感通信技術「Kirari!」を駆使した、「超歌舞伎」ではおなじみの演出として親しまれている「分身の術」も披露。分身して戦う獅童さん演じる青龍との対決シーンに、アクロバティックな役者さんたちも登場。さらにニコ生の映像演出を駆使し、かふとは思えないような、見応えのある立廻り(戦い)シーンが展開された。

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)


大向こうを「ギフト」で

超歌舞伎では、ニコニコの「ギフト」機能を活用し、デザインされた大向こうを画面上に表示、演出することができる。ギフトは、ニコニコポイントで購入することができ、ギフトを贈ると「大向こう」デザインのアイテムとサポーター名(ニコニコアカウントのニックネーム)がニコニコ生放送のプレイヤー上に投影されるしくみが導入されている。(※ニコニコポイントは1ポイント=1円として各種支払方法で購入できる「有料ポイント」)

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)

■ 超歌舞伎「夏祭版 今昔饗宴千本桜」ダイジェスト版

2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』(©超歌舞伎 Supported by NTT)


これまでの超歌舞伎

2016年に初開催され、今年で5回目。これまでの超歌舞伎は下記。
2016年の「超歌舞伎」初開催を皮切りに、2019年4月に再構成をして上演、さらに8月には京都・南座で開かれた「八月南座超歌舞伎」でも公演されるなど、超歌舞伎の記念碑的な作品となっている。そして「今昔饗宴千本桜」は2016年と2019に上演された超歌舞伎の記念碑的な作品となっている。


2016年公演 『今昔饗宴千本桜』
(はなくらべせんぼんざくら)
2017年公演 『花街詞合鏡』
(くるわことばあわせかがみ)
2018年公演 『積思花顔競』
(つもるおもいはなのかおみせ)
2019年公演 『今昔饗宴千本桜』
(はなくらべせんぼんざくら)

昨年の、2019 年公演 『今昔饗宴千本桜』より ©超歌舞伎 Supported by NTT

2019 年公演 『今昔饗宴千本桜』より ©超歌舞伎 Supported by NTT

2019 年公演 『今昔饗宴千本桜』より ©超歌舞伎 Supported by NTT

2019 年公演 『今昔饗宴千本桜』より ©超歌舞伎 Supported by NTT

「ニコニコネット超会議らしく、画面は視聴者からのコメントで覆いつくされる(コメント表示はオフにできる)。2019 年公演 『今昔饗宴千本桜』より ©超歌舞伎 Supported by NTT




中村獅童さん「夏祭版 今昔饗宴千本桜」上演前のコメント

中村獅童さんのコメント

今期開催について(開催前)
昨今の情勢下、皆様もおうちでお過ごしの時間が増えているのではないかと思います。そこで、我々はニコニコネット超会議 2020 夏におきまして、「超歌舞伎」を上演させていただくこととなりました。皆様に少しでも楽しんでいただけたら嬉しく思います。一生懸命、心を込めて勤めさせていただきます。ネットで皆さまにお会いできますことを楽しみにしています。





<「夏祭版 今昔饗宴千本桜」概要>
演目名   :夏祭版 今昔饗宴千本桜(なつまつりばん はなくらべせんぼんざくら)
放送日時  :2020年8月16日(日)19時00分~
出演者   :中村獅童、初音ミク
       中村蝶紫、澤村國矢、中村獅一 ほか
脚本    :松岡亮
演出・振付 :藤間勘十郎
原作・劇中曲:原作-「千本桜シリーズ」(KADOKAWA)
       原案-黒うさP/WhiteFlame
       著・イラスト-一斗まる
       劇中歌-千本桜(作詞・作曲:黒うさ)
主催    :【主催】ニコニコ超会議実行委員会
ほか     【共催】豊島区
       【製作】松竹株式会社/株式会社ドワンゴ
       【制作協力】クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
       【超特別協賛・技術協力】NTT

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム