KDDIとNetflix バーチャル空間でアニメを観る新体験「ネトフリシネマ in バーチャル渋谷」攻殻機動隊、日本沈没2020、バキなど

KDDIは渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」にて、Netflixと新たな視聴体験を提供する「ネトフリシネマ in バーチャル渋谷」(以下、ネトフリシネマ)を2020年10月9日(金)よりスタートすることを発表した。


バーチャル空間内で鑑賞できるイベントの新体験

「ネトフリシネマ」は今年5月にオープンした渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」内で開催されるバーチャル空間内の上映会で10月9日(金)~10月28日(水)の期間中、Netflixオリジナルアニメシリーズ4作品『日本沈没2020』『バキ』『アグレッシブ烈子』『攻殻機動隊 SAC_2045』を週替わりで上映する(タイトル毎に第1話から第3話まで上映予定)。auスマートパスプレミアム会員は、ネトフリシネマで上映される各作品を1日早く先行で体験可能。



「バーチャル渋谷」及び「ネトフリシネマ」へは、バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」のアカウント(無料)を持っていれば誰でも参加可能(VRデバイス、スマートフォン、PC/Macから参加可能)。バーチャル空間では自分のアバターを操作し、タイムラインに参加することでその場の盛り上がりを体感しながら、作品を視聴できる。なお、Netflix作品をバーチャル空間内で鑑賞できるイベントは日本で初めての試みとなる。


上映スケジュール
【バーチャル渋谷について】
「バーチャル渋谷」では主に2つの体験を楽しむことができる。

1.バーチャルイベント会場で開催されるさまざまなオンラインイベント
ユーザーはは自宅からスマートフォンやPC、VR デバイスを使ってイベント会場となる「バーチャル渋谷」に参加し、アバターを使って会場内を自由に動き回りながら、たくさんの観客と同じ空間を共有しながらインタラクティブなオンラインイベントを楽しみことが可能。イベントの様子は動画配信サービスなどでも配信し、渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとして展開される。イベント会場は現実の渋谷にバーチャルならではの演出や装飾を加えた特別な空間となっている。

2.実際に渋谷に行かなければ体験できなかった「XRアート」などのXRコンテンツ
リアルな渋谷とつながったもうひとつの渋谷を回遊しながら、さまざまなXRコンテンツを楽しむことができる。XRコンテンツはリアルとバーチャルのそれぞれの渋谷の同じ場所で、同一のものを展開。渋谷の「デジタルツイン」として、リアルとバーチャルの双方をエンターテイメントで拡張していく。

コンセプト
・渋谷らしいコンテンツを発信する「場所」をバーチャル空間上に構築。今後、「渋谷 5G エンターテイメントプロジェクト」参画企業等とのコラボレーションを予定。

・渋谷を代表するスクランブル交差点のスポットを回遊可能。スポットは随時拡大予定。

・各スポットでは、リアルな“渋谷”と同様にアーティストによるライブや、トークショー、アート展示などのエンターテイメントが体感できるオンラインイベントを随時開催。

・5Gや最先端のテクノロジーを駆使し、どこからでもアクセスでき、時間や場所など従来の制約を超えた 5G 時代のエンターテイメントを提供。

・リアルな渋谷の街と連携し同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)のデジタルとリアルが融合する世界を実現。


「ネトフリシネマ in バーチャル渋谷」参加方法

「バーチャル渋谷」はVRデバイス、スマートフォン、PC/Macから参加可能。参加にはclusterの無料アカウント作成と、利用するデバイス用のclusterアプリのインストールが必要。

1.clusterアカウント作成
アカウントを作成するには、clusterのウェブサイトにアクセスし、画面右上の「ログイン/新規登録」からアカウントを作成(Twitter/Facebook/Google/Appleアカウントを利用して作成可能)。スマートフォンの場合は、アプリからもアカウント作成が可能。

2.アプリダウンロード
https://cluster.mu/downloadsより、利用するデバイス用のclusterアプリをインストールする。VRデバイスを使用しての利用には、clusterアプリのほかSteamVRのインストールが必要。

3.イベントへの参加
「ネトフリシネマ in バーチャル渋谷」のイベントページにアクセス後、ページ下部の「会場に入る」というボタンをクリックするとイベントに参加できる。(アプリがダウンロードされていない場合は、自動的にインストーラのダウンロードが始まる)

「会場に入る」ボタンをクリックすると、「バーチャル渋谷」の会場データがダウンロードとローディングが開始。通信環境により、バーチャル渋谷に入るまでに少し時間がかかる場合がある。イベントに入室する際にローディングが終わらない、またはローディング完了後に進行不能になる場合、会場データが破損している可能性がある。PC/Mac版のアプリは画面下部のキャッシュクリア、スアートフォン版は一度アプリを完全に終了させてから再度試す。

4.「バーチャル渋谷」内の操作方法
会場内でのアバターの操作方法は、以下より確認できる。

5.推奨OS
iOS
・iOS 13.0、またはそれ以降

Android
・Android 9.0、またはそれ以降

Windows
・Windows 10 64bit

Mac
・macOS 10.13 High Sierra、またはそれ以降
他のOSはサポートの対象外。起動が可能な場合でも正常な動作が保証されていない。


【Netflixオリジナルアニメシリーズの紹介】

日本沈没2020


『夜は短し歩けよ乙女』やNetflixオリジナルアニメシリーズ『DEVILMAN crybaby』を手掛けた、湯浅政明監督最新作。度重なる地震に見舞われ、沈み始めた日本列島。この未曽有の惨事に混乱しつつも、前向きに生き抜こうと模索する一家には、数々の試練が待ち受けていた…。

Netflix公式サイト
https://www.netflix.com/jp/title/80993018

バキ


累計発行部数7500万部の大人気格闘マンガ『刃牙』シリーズのアニメ化!地上最強の父を超えるべく鍛錬を重ねる、地下闘技場チャンピオンの範馬刃牙。その首を狙い、5人の最凶死刑囚が東京に集結する。超ド級の肉弾バトル、ここに開幕!

Netflix公式サイト
https://www.netflix.com/jp/title/80204451

アグレッシブ烈子

国内はもちろん、海外でも大人気のサンリオのキャラクター、アグレッシブ烈子の日常をコメディタッチで描いた話題作!一流商社でOLとして働くレッサーパンダ・烈子の楽しみは、仕事帰りの一人カラオケ。デスボイスでメタルを歌って、仕事のストレスを思い切り発散!

Netflix公式サイト
https://www.netflix.com/jp/title/80198505

攻殻機動隊 SAC_2045



『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治と『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組んだ、近未来SF作品の金字塔「攻殻機動隊」が示す新たな未来像。世界が直面する深刻な金融危機と、AIを駆使した”サスティナブル・ウォー”の脅威。サイバー空間でうごめく人類滅亡の危機と戦うべく、公安9課が再び動き出す。

Netflix公式サイト
https://www.netflix.com/jp/title/81030224

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム